七月のうさぎ(休止中) marienkind.exblog.jp

好きなリンク先を入れてください

心に残った映画や読書の記録。日々の備忘録のようなモノ。【ブログ管理人:小夏】


by 小夏
プロフィールを見る
画像一覧
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

ミスト (2007年、アメリカ)


遅れ馳せながらWOWOWで観ました。
言いたいことは山ほどあれど一旦語り始めると毒吐きそうなので、少々抑え気味&簡潔モードで。


◆雑感。
既にご覧になった方が多いことを想定してあらすじは割愛。
自分の好みとしては、「極限状態に置かれた集団ヒステリーの恐怖」と「未知なる怪物に襲われる恐怖」、そのいずれかに焦点を当ててそれを極めた方が面白かったんじゃないの?と単純に思ったんですが、どーなんですかね?
全編、憂鬱な展開を貫きつつも観客の気を逸らさない、この吸引力は凄いと思うんですが、最終的に「・・・・・・・・・で?」だったもので。結局のところ、「全ての謎は霧の中・・・」と結論付けるが吉、ってオチ?

◆「巧い」と思った点。
序盤、怪物の存在を必死に訴える主人公をアホ扱いしていた住人たちが、無残な姿になった若者を目の当たりにしたことでアッサリ「君が正しかった」に転じるのですが、これがミスリードとして実に上手く機能していたと思うのです。
往々にして観客は「主人公は正しい」と思いがち。そんな我々の純情(笑)を弄んだ逆手にとったダラボン、君はエライ!あくまで結果論ですが、「主人公は間違っていた」わけだしね。

◆賛否飛び交ってる主人公の最後の選択について。
自分、普段は余程のことがない限り「いいんじゃないの~」で済ませる自信があるのですが、今回に限っては理屈抜きでダメでした。なので、この件に関しては賛否を語る以前の問題。あれだけは親として絶対やっちゃダメだべさー!

◆結論。
とりあえず「周囲の絶賛評に惑わされちゃいけないなー」を痛感した作品。
個人的にあれほど後味の悪いラストは久しぶりに観た気がします。もしあれを映画館で観ていたら相当どんより凹んだこと必至なので今回ばかりはTVで観て正解・・・というか寧ろ観て後悔。予め結末知ってたら観なかったと思うし。
とは言え、トータルとしては決して面白くなかったわけじゃないです。
閉塞感&緊迫感のWコンボは◎。パニックホラームービーの醍醐味ってヤツは堪能できたし、その点は満足してます。
要は、自分の肌には合わなかったのさ、って話。まっ、たまにはそんなことだってあるさね~ってことで。


c0046869_8574458.jpg原題: The Mist
監督: フランク・ダラボン
脚本: フランク・ダラボン
原作: スティーヴン・キング
出演: トーマス・ジェーン
    ネイサン・ギャンブル
    ケリー・コリンズ・リンツ
    アンドレ・ブラウアー
    フランシス・スターンハーゲン
    ローリー・ホールデン
    ジェフリー・デマン
    マーシャ・ゲイ・ハーデン
    トビー・ジョーンズ

[PR]
by marienkind | 2009-06-03 19:50 | 映画評