七月のうさぎ(休止中) marienkind.exblog.jp

好きなリンク先を入れてください

心に残った映画や読書の記録。日々の備忘録のようなモノ。【ブログ管理人:小夏】


by 小夏
プロフィールを見る
画像一覧
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

「龍馬」ネタは続くよ、どこまでも♪ NHK大河ドラマ『龍馬伝』


c0046869_13513528.jpg放送開始前から、「福山龍馬」のカッコ良さに惚れてしまった今年のNHK大河ドラマ『龍馬伝』。
1~2話あたりは、ぶっちゃけ「こんなものかな?う~ん・・・」程度の面白さだったんですが、3話以降、ストーリーが動き始めてから俄然面白くなってきました。
とりあえず、土佐時代をさくっと早送りして早々と舞台が江戸に変わったのは大正解。数年前の大河ドラマ『新選組!』での多摩エピソードのように、江戸以前を延々語られた日にゃどうすんべ~と思っていましたからね。
あと、「福山龍馬」を初めて見たときに、正直、ちょっとばかり小綺麗すぎるんじゃないか?とか、おとなしすぎるのでは?
という不安がちらりと過ぎったんですが、一度「福山龍馬」に馴染んでしまうとあら不思議、もともと性格的に飄々としたところはあったにせよ、今までイメージされていた「自由人」とか「豪傑」という龍馬像が逆に誇張されたものに思えてくるから面白いものです。
驚くほど等身大、ごく平凡な若者といった印象の「福山龍馬」ですが、龍馬の根っ子は案外そんな感じだったのかもしれないな、なんて。

さて、『龍馬伝』で自分が特に注目しているのが大森南朋さん演じる武市半平太。
武市は、過激な尊王攘夷運動と吉田東洋暗殺嫌疑(最後まで否認)により、後に切腹を命じられる人物ですが、ドラマではあれほど温厚で実直そうな彼が、時代の流れに翻弄されてどう変わってゆくのかとても興味があります。
武市が開いた剣術道場が「土佐勤王党」の母体になるのかな?その門弟のひとり、武市を妄信的に慕う岡田以蔵が、幕末テロリスト「人斬り以蔵」へと変貌を遂げる、その悲劇的顛末も気になります。(扮する佐藤健クンが無駄にイケメンなのもポイント高し)

なにはともあれ、一年間視聴者を飽きさせない骨太なドラマになりそうな予感大。予算も相当かかってるみたいなので、少なくとも『天地人』のようなことにはならないと思われv

c0046869_1541245.jpgところで・・
香川照之サン演じる岩崎弥太郎、あれ、凄すぎません?
脚色するにしても、最近ちょっと見かけないレベルにまで達しているように思うのですが・・・いや、なにがって・・・ごにょごにょ。小綺麗な福山龍馬に対抗するにしても、果たしてドラマ的にいいのか?の疑問が。・・・え?いいの?
『龍馬伝』は、これから小綺麗になっていく岩崎弥太郎の物語でもあると?
なるほど。(笑)

なんてことを言っていたらこんな記事を見つけました。
◆NHK大河ドラマ「龍馬伝」に「三菱」がブーイング
みんな考えることは一緒なんですね。(爆)
[PR]
by marienkind | 2010-01-29 14:28 | ドラマ評