七月のうさぎ(休止中) marienkind.exblog.jp

好きなリンク先を入れてください

心に残った映画や読書の記録。日々の備忘録のようなモノ。【ブログ管理人:小夏】


by 小夏
プロフィールを見る
画像一覧
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

プリンス・オブ・ペルシャ 時間の砂 (2010年 アメリカ)


これ、どこのインディ・ジョーンズ
これ、どこのハムナプトラ

ずばりそんな感じでした。

c0046869_1221263.jpg

あーでも、楽しめなかったわけじゃないです。
むしろ、飽きっぽい自分が退屈することなく117分があっという間に感じられたほどなので、個人的には面白かった!と評価したいところです。構成にちょっとした仕掛けがあって、冒頭から突如として「ハァ??」な展開になってしまった時は一瞬どうするべ?と思っちゃいましたけど、カラクリに気づいてからは安心して楽しむことができました。
ただ前述したように、どこぞの映画の二番煎じ的な感じは否めないし、「時間の砂=時を巻き戻せる砂」という設定からある程度ストーリーのオチが読めてしまう点など、一部辛口評が多いのもわからんでもない。が、辛口で語るほどの中身ある?と問われれば、それも疑問なので、この際、悪代官を懲らしめる水戸黄門的ノリで素直に楽しむが宜しいかと。

ちなみにこの映画、大ヒットTVゲームの映画化でして、ゲーム版ダスタン王子のビジュアルを知る自分としては、ジェイク・ギレンホールが演じるにあたり「いやそれ絶対ムリだから!」と思ってしまったのですが、すみません、これ訂正します。
驚愕の路線変更が吉と出たか凶と出たかはともかく、定着しつつあった文系&やさ男のイメージを払拭できたことは◎。とりあえず個人的には、あのマッチョな胸板がリアルか否か?そこのところだけ小一時間ほど、じっくり・・・
[PR]
by marienkind | 2010-06-05 21:56 | 映画評