七月のうさぎ(休止中) marienkind.exblog.jp

好きなリンク先を入れてください

心に残った映画や読書の記録。日々の備忘録のようなモノ。【ブログ管理人:小夏】


by 小夏
プロフィールを見る
画像一覧
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

インセプション (2010年 アメリカ)


いやぁ~!めちゃめちゃ面白かったです!
2010年ベストムービーの予感大!
とにかく情報量がとんでもないことになっていて、途中、「私の脳細胞じゃ追いつけんわ~!」とパニクったりしたのですが、それが杞憂に終わっちゃうところがノーラン監督の凄いところ。
今は、観終わったばかりでまだ脳内雑然としているけど、とりあえず、頭をすっきりさせる意味でも、もう一回は観るつもり。

c0046869_19362392.jpg

夢を介し他人の潜在意識に潜入、ターゲットの情報を盗み出す犯罪スペシャリスト集団が挑む、高難度ミッション“インセプション=情報の植え付け”!
ってことで、一言で言い表すなら、“心理ドラマ&チーム萌えの融合”?(笑)

個人的には、「胡蝶の夢」っぽいネタだな、と感じました。
夢の中で「蝶」だった男が、目覚めて、自分が「蝶」になった夢を見ていたのか、蝶である自分が「人間」になった夢を見ているのか、区別がつかなくなっちゃった、っていう中国の昔話。
喩えは違えど、本作のラストも似たようなものかもしれません。
映画サイトの掲示板でも、ラストの解釈を巡って熱い議論が交わされているみたいだけど、キーアイテムの●●からも明確な答えが得られなかったってことは、どちらにでも都合よく解釈できる余地を残しました、ってことでいいんかな。
いずれにしても、ハッピーエンドであることに変わりはないわけだし、2時間半という長さを感じさせないほどの面白さだったから、オチなんてこの際どっちでもいいや。(いや、よくない。)

とにかく、一人でも多くの方にご覧になって頂きたい作品です。
特に、“チーム萌え属性”の方は絶対見るべし。萌え尽きること必至です。
[PR]
by marienkind | 2010-07-28 13:14 | 映画評