七月のうさぎ(休止中) marienkind.exblog.jp

好きなリンク先を入れてください

心に残った映画や読書の記録。日々の備忘録のようなモノ。【ブログ管理人:小夏】


by 小夏
プロフィールを見る
画像一覧
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

「ベネディクト16世」新ローマ法王決定!


<新ローマ法王>ドイツのラツィンガー枢機卿団長に決まる (毎日新聞)
c0046869_931241.jpg
ローマ法王庁(バチカン)のシスティーナ礼拝堂で開かれていた秘密の法王選挙会議「コンクラーベ」は19日午後の投票で、ドイツのヨゼフ・ラツィンガー枢機卿団長(78)に新法王が決まった。法王名はベネディクト16世。
同日午後6時(日本時間20日午前1時)ごろ、礼拝堂の煙突から法王決定の合図となる白い煙が上がり、サンピエトロ大聖堂の鐘が鳴らされた。ラツィンガー氏は今月2日に死去したヨハネ・パウロ2世を後継する265代目の新法王となった。


18日から始まった新ローマ法王選挙会議コンクラーベ。
イタリア国営ANSA通信によると4回目の投票で決定に至ったようです。

さて、今後の新法王に課せられた課題のひとつに教会内部対立の舵取りが挙げられていることは周知の通り。これは、前法王ヨハネ・パウロ2世が「穏健革新」へと傾きつつあったカトリック教会を「保守路線」に戻したことで、「穏健派vs保守派」の対立構造が露呈したものと言われています。

では、「穏健派」優勢かと思いきや、選出されたのは結局「保守派」というオチ。

今回新法王に選出された「ヨゼフ・ラツィンガー枢機卿」は、前法王ヨハネ・パウロ2世の側近中の側近で、「教義の番犬」(番犬って・・・^^;)の異名を取るほどの厳格さを兼ね備えた人物だそうです。一部聞くところによれば、「78歳」という年齢と、「2日」という異例の速さで決定された背景をとらえて、「当面における短期リリーフでは?」などといった囁きの声も上がっているとかいないとか。 (ごにょごにょごにょ・・・)

いずれにせよ、新たに誕生した第265代ローマ・カトリック法王「ベネディクト16世」。11億人とも言われるカトリック教徒から、前法王ヨハネ・パウロ2世路線の正統な継承者として、その期待を一身に集めていることはまず間違いないでしょう。
[PR]
by marienkind | 2005-04-20 09:10 | 気になる話題