七月のうさぎ(休止中) marienkind.exblog.jp

好きなリンク先を入れてください

心に残った映画や読書の記録。日々の備忘録のようなモノ。【ブログ管理人:小夏】


by 小夏
プロフィールを見る
画像一覧
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

NHK朝ドラ『あまちゃん』が面白すぎる件。


「『あまちゃん』を見ねぇど、一日が始まんねーべ。」
ってくらいハマりにハマってます。

c0046869_1191998.jpgc0046869_1193099.jpg

   前編「故郷編:おら海女さなるだ」     後編「東京編:おらアイドルさなるだ」

軽妙でテンポの良い展開、人情に訴えるストーリー等、好みは人それぞれだと思いますが、クドカンワールドを語るうえで欠かせないのが、脇を固めるキョーレツな役者陣、これに尽きるでしょう。
「古田新太」「荒川良々」、そして「薬師丸ひろ子」
キャストに揃いも揃ってクドカン常連の面々を配しているので、とにかく朝から濃ゆいのなんの。
そこに加えて、クドカン自身が長年思い焦がれたという憧れのマドンナ「キョンキョン」を、ちゃっかり主要メンバーに加えることも忘れない周到さ。(笑)
ここに「阿部サダヲ」がいればメンツとして完璧なんですが、さすがにそれはないか。

まあ、良くも悪くも「脚本:宮藤官九郎」です。
コントぎりぎりの「ドタバタ劇」が繰り広げられることも多々ありますが、その「ドタバタ」の中にベタな笑いあり涙ありで、これがなかなか侮れません。彼の描く作品の常として、終盤シリアスな展開が多かったりするので、主人公アキが今後どのような成長を見せるのかも気になるところ。
アイドルグループとして成功するのか?それとも別の道を歩むのか?あるいは再び岩手に戻るという選択肢も?
朝ドラなので、「どよよよ~~~~ん」な展開はないと思いますが。

とにかく、最近のNHK朝ドラにしては珍しく(?)面白さテンコ盛りの『あまちゃん』。
ここ数日、「暦の上ではディセンバ~~♪♪ でもハートはサバイバ~~♪♪」が永遠ループしているあたり、NHKのメディア戦略に見事踊らされているような気がしなくもありませんが。(笑)

c0046869_1313035.jpg
◆『あまちゃん』挿入曲 アメ横女学園 「暦の上ではディセンバー」◆

[PR]
by marienkind | 2013-07-04 13:54 | ドラマ評