七月のうさぎ(休止中) marienkind.exblog.jp

好きなリンク先を入れてください

心に残った映画や読書の記録。日々の備忘録のようなモノ。【ブログ管理人:小夏】


by 小夏
プロフィールを見る
画像一覧
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

「そして父になる」 (2013年 日本)


c0046869_11483132.jpg

大手企業勤務のエリート社員、都内の高級マンションに住み、息子のお受験に熱心な父親という、典型的な勝ち組人生を歩む主人公・野々宮良多。冷淡で利己的、露骨に上から目線。
平たく言うと、野々宮良多という男は、かなり嫌なヤツだと思う。
そんな人物を福山雅治がどう演じるのか興味津々で見ました。

鑑賞前は、福山雅治と「父親」のイメージが結びつかなかったが、主人公の野々宮自身が「理想の父親」を演じているような男だったので、思ったより違和感なく見ることができた。
演じたご本人も、「(父親になった)経験がないもので・・・」と語っていたが、本作品が父親の心の葛藤と成長を描いた物語と捉えると、「父性」を感じない福山雅治で正解だったのかも。そして、この「そして父になる」のタイトルもずばり的を射ていたのだな、と改めて感心した次第。
[PR]
by marienkind | 2013-11-04 12:01 | 映画評