七月のうさぎ(休止中) marienkind.exblog.jp

好きなリンク先を入れてください

心に残った映画や読書の記録。日々の備忘録のようなモノ。【ブログ管理人:小夏】


by 小夏
プロフィールを見る
画像一覧
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

「贖罪の奏鳴曲(ソナタ)」 中山七里 著


中山七里さん、今まで全く馴染みのない作家さんでしたが、『さよならドビュッシー』の著者と聞いて、「ああ、そうだったか!」と思い至りました。『~ドビュッシー』、読んでないけどね。

c0046869_22593836.jpg

凄腕だが高額報酬を要求する悪徳弁護士、御子柴礼司。
読む前は、弁護士が主人公とのことで丁々発止のやり取りが繰り広げられる法廷ミステリーをイメージしていたのですが、予想の斜め上を行っていて度肝を抜かれてしまった。
特に衝撃的だったのが、御子柴が少年時代に関わった事件についての下り。一連の描写が、現実に起こった「某事件」をまんま模しているようで、「これ大丈夫なの?」と内心ヒヤヒヤものでした。
あくまで「フィクション」と捉えればいいのだろうけど、でもねぇ。

あと、最後までモヤモヤしたのが「死体遺棄」について思いっきりスル―されていたこと。
続編もあるみたいで、あるいは後日談として語られるのかもしれないけど、謎や疑問は次回持ち越しせずに本編で決着つけてほしいかな。
「傑作」との評価も頷ける面白さだっただけに、そこだけ残念。

本・読書

[PR]
by marienkind | 2014-05-28 20:00 | 書評