七月のうさぎ(休止中) marienkind.exblog.jp

好きなリンク先を入れてください

心に残った映画や読書の記録。日々の備忘録のようなモノ。【ブログ管理人:小夏】


by 小夏
プロフィールを見る
画像一覧
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

『花燃ゆ』、色々ヤバイ気がする今年の大河ドラマ。


だって、キャッチコピーが「幕末男子の育て方」ですよ。
どこの乙女ゲームですか?ナニコレ、スイーツ大河なの?
少女漫画の『花より男子』」との共通点においては、何をどうつっこめと?なんだ?この狙ったかのような偶然は。(むしろ必然デスカ?)
c0046869_837134.jpg
c0046869_15171910.jpg

まあ、冗談はさておいても、今年の大河ドラマについては初っ端から不安が大きいです。

大河ドラマの醍醐味は歴史上の偉人+その背景を「知る」ことにあると思っています。史実に基づいたフィクションではありますが、それでも「知る」きっかけにはなりますからね。
とはいえ、興味すら惹かない人物では意味ないわけで、その点で、主人公にある程度の「知名度」が必要だと思うのですが、それついても一昨年の新島八重さんあたりから怪しくなってきたような気がするんですよね。
それでも八重さんの場合、一応会津戊辰戦争で活躍したという実績があるので良いとして、今回の杉 文(すぎ ふみ)さんは、幕末の表舞台で活躍することはなかったと理解しています。
ぶっちゃけ、NHKもついに一般人を大河ドラマの主人公にする時代になってしまったか?という危機感が否めません。

吉田松陰(文の兄)、久坂玄瑞(文の最初の夫)、高杉晋作など、『花燃ゆ』のメインとされる幕末男子についても比較的早い段階で退場することがわかっているだけに、明治に続く激動の歴史と主人公をどう繋げていくつもりなのか。
中盤以降、グダグダ展開にならないといいのですが。
というか、大河枠に無理矢理持ってこなくても、朝ドラ主人公で全然OKじゃないのかなぁ。

まあ、文句垂れつつもイケメンスキーな私としてはそれなりに楽しみだったりしますけど。まずは、お手並み拝見といきますよ。ええ、期待はしていますよ、もちろん。
私の場合、どちらかというと『花燃ゆ』より『花萌ゆ』になりそうですが。(笑)




..... Ads by Excite .....
[PR]
by marienkind | 2015-01-04 16:37 | ドラマ評