七月のうさぎ(休止中) marienkind.exblog.jp

好きなリンク先を入れてください

心に残った映画や読書の記録。日々の備忘録のようなモノ。【ブログ管理人:小夏】


by 小夏
プロフィールを見る
画像一覧
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

「スター・ウォーズ エピソード3 シスの復讐」ノベライズ感想


c0046869_1521074.jpgスター・ウォーズ エピソード3 シスの復讐

ソニー・マガジンズ文庫
原作:ジョージ・ルーカス
著者:マシュー・ストーヴァー
訳:富永和子


「スター・ウォーズ エピソード3 シスの復讐」のノベライズ本読了♪

登場人物一人一人の心理描写が実に丁寧で、ラストまで一気に惹き込まれました。ノベライズを読むことで、映画版で腑に落ちなかった疑問点の幾つかは間違いなく解消されることでしょう。
小夏的には、アナキンのダークサイド転落の一部始終が説得力たっぷりに語られていたので、まずは大満足です。映画版では、やや唐突な印象が残ったアナキンの言動も、あの状況の打開策として他の道を模索することは適わなかっただろうと納得できたことは収穫だし、何よりも彼が執拗にマスターの地位を求めた明確な理由が提示されていたことに驚きました。
肝心なところスルーしてどうするよ~~!ジョージ!!
知らなかったとは言え、わたしゃてっきりアナキンは傲慢な野心家かと・・・。
ごめん、ごめんよ、アニー(涙)。

ちなみに、私は映画の説明不足を活字で補完することは基本的に嫌いです。
だから、余程のことがない限り、映画鑑賞後にノベライズ本を読むことはないのですが(その逆は多いです)、この作品に関してはかなりの完成度だと思いました。
映画の感動を新たにして頂きたく一人でも多くの方に読んで欲しい一冊ですね。
お薦め度:★★★★☆4.5点
[PR]
by marienkind | 2005-08-08 15:26 | 書評