七月のうさぎ(休止中) marienkind.exblog.jp

好きなリンク先を入れてください

心に残った映画や読書の記録。日々の備忘録のようなモノ。【ブログ管理人:小夏】


by 小夏
プロフィールを見る
画像一覧
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

コンスタンティン


c0046869_14183355.jpgCONSTANTINE

2005年、アメリカ
監督: フランシス・ローレンス 
出演: キアヌ・リーヴス
    レイチェル・ワイズ
    シア・ラブーフ
    ジャイモン・フンスー
    マックス・ベイカー
    プルイット・テイラー・ヴィンス
    ティルダ・スウィントン
    ギャヴィン・ロズデイル
    ピーター・ストーメア ほか

【STORY】
異界に属する者を見分けることができる特殊な能力を持つ孤独な男、ジョン・コンスタンティン。彼はその能力を使い、人間界に侵食しようとする悪を退治し地獄へと送り返すため戦い続けていた。一方、ロサンジェルス市警の女刑事アンジェラは、双子の妹イザベルが謎の飛び降り自殺を遂げた事実を受け入れることが出来ず、真相を究明しようと独自の調査を始めていた。やがて、アンジェラはコンスタンティンに接触を図る。世界の異変を敏感に感じ取っていたコンスタンティンは、アンジェラの話が関係していると思い、イザベルの自殺の謎を解くため一緒に行動を開始する。(allcinema ONLINEより)



『コンスタンティン』、実はワタクシ劇場公開時にちゃっかり観てたりします。
それで、どーして今さら記事アップなの~?のツッコミは無しで(笑)。当然ストーリーは完璧に忘却の彼方なので、こちらもご了承のほどよろしくお願いします。

さて、全体的な印象としては、ゲーム感覚で気軽に観れちゃう映画でした。
ダンジョンでザコ敵バッサバッサとなぎ倒しアイテムゲ~ット!美女を救い出すためラスボスに挑むぞー!みたいな非常にわかりやすい展開。個人的に、こういう捻りのないストーリーはストレスなく観れるので結構好きだったりします。
ちょっと意外だったのは、ネット界での評価があまりヨロシクなかったこと。
映像良し、テンポ良し、ストーリーも極端に破綻しているわけじゃないのにどうしてかなぁ。漫画っぽくて大味な雰囲気が受けなかったのかしら。うーん・・・。
まぁ、基本的にアメコミ発信の映画ですから軽めの味付けは仕方ないとしても、劇中登場する「聖なるショットガン」や「ドラゴンの息」など、いかにもチープなアイテムの数々に脱力反応を起こされる方は、確かに要注意かもしれません(笑)。
総評:★★★☆3.5点

c0046869_1430231.jpg

個人的には、キリスト教のエッセンスが効果的に散りばめられていてかなり楽しめました。「コンスタンティン」とは何ぞや?「ガブリエル」って誰?「ロンギヌスの槍」とは?・・・・と、用語の由来から連想を膨らませていくのも一興w
主人公の英語名「John(ジョン)」が、ラテン語名「Johannes(ヨハネス)」である点に注目して、新約聖書「ヨハネの黙示録」と絡めてご覧になっても面白いかもしれませんね。映画のコンセプト自体が「天国と地獄」「解かれた封印」であることからも、「ヨハネの黙示録」がモチーフとして採用されていることは明らかでしょうから。
もちろん、映画はそれらのバックボーンをご存知なくとも充分楽しめると思いますが、多少キリスト教の知識をお持ちの方、歴史に造詣の深い方、あるいはオカルト大好きよ!って方であれば、より一層面白みが増すこと請け合いw
とりあえず、肩の力を抜きつつもさりげなく知的好奇心を刺激されたいというアナタ、そんな方にはうってつけの映画だと思いますよ。
とりあえず暇だから何か映画でも~って時に思い出して頂けると嬉しいです♪
(2005.5.17 劇場鑑賞)
[PR]
by marienkind | 2005-12-27 21:13 | 映画評