七月のうさぎ(休止中) marienkind.exblog.jp

好きなリンク先を入れてください

「いただきます」考


皆さん、こちらのニュースご覧になりました?

■記事:『いただきます』、「給食では不要」ラジオで大論争

昨年秋のTBSラジオ番組を巡って大論争を巻き起こした「いただきます」の必要性について。記事によると、なんと「給食費を払っているんだから“いただきます”は必要ない」と学校側にクレームを申し立てた母親がいたらしい。
いや~久々に絶句絶句!のニュースでした。ビックリです。
っていうか、「論争」まで発展した事実にもアングリ。どうやら「いただきます不要論」への賛成派もそれなりにいるらしいんですよ。あわわわ(^^;
ダメダメ。こういう問題は軽くスルーしちゃダメですって。

c0046869_13145310.jpg「いただきます」って、究極的には「命をいただくこと」、つまり、「私たちが生きるため失われゆく命への感謝の念」と思っていたのですが、どうなのでしょう。皆さんは、どうお考えになられます?
勿論、「料理をしてくれた方への労いの言葉」であることは言うまでもないこと。
だから、「給食費云々~」を根拠にした母親の主張ってのがそもそも的外れだと思うし、親として、大人として、それ以前に一人の人間として何か大事なことを見失っているような気がしてならないんですよね。

とりあえず難しい理屈は抜きにしても、「健康で食べ物を美味しくいただける」って、それだけで充分ありがたいこと。そういう考えって、普通は大人になっていく過程で自然と培われていくものだと思うんだけど、そういうモノでもないのかなぁ。
個人的には、「いただきます」を言おうが言うまいがどちらでも構わないと思っています。そんなことぶっちゃけどうでもいい。要は心のありようだから。
だけど、「給食費を払っているんだから“いただきます”は必要はない。」っていう論理を学校や子供に強要するってのは、ちょ~っと違うと思うぞ。

ご意見求ム。
[PR]
by marienkind | 2006-01-24 13:24 | 気になる話題