七月のうさぎ(休止中) marienkind.exblog.jp

好きなリンク先を入れてください

46億年前の「彗星の塵」、解析へ


今年1月15日にNASAの彗星サンプルリターン探査機「スターダスト」が地球に持ち帰った彗星の塵(ちり)の解析が、兵庫県佐用町の大型放射光施設「SPring-8(スプリング・エイト)」にて始まったそうです。

■記事:彗星の塵の解析開始 太陽系成り立ち解明へ

c0046869_2334790.jpgこの装置の中に太陽系誕生当時の物質が入ってるって言われても、咄嗟にはちょっとピンと来ないやね。
だって、46億年前ッスよ。46億年前!
研究チームは、塵の中に含まれている有機物から生命起源の謎にも迫ると意気込んでいるみたい。
ひえぇ~!ワクワク半分、ちょっぴり怖っ!


ちなみに、↓はNASAで一足先に公開した「彗星の塵(ちり)」画像。
c0046869_2338677.jpg
画像©NASA/JPL

Wow!ハート型だー!綺麗や~☆

■情報元:NASA
[PR]
by marienkind | 2006-03-04 00:16 | 気になる話題