七月のうさぎ(休止中) marienkind.exblog.jp

好きなリンク先を入れてください

心に残った映画や読書の記録。日々の備忘録のようなモノ。【ブログ管理人:小夏】


by 小夏
プロフィールを見る
画像一覧
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

ぼくを探しに


c0046869_12595189.jpg原題:THE MISSING PIECE
著者:シェル・シルヴァスタイン
翻訳:倉橋由美子



  何かが足りない
  それでぼくは楽しくない
  足りないかけらを探しに行く
  ころがりながらぼくは歌う
  「ぼくはかけらを探してる、
  足りないかけらを探してる、
  ラッタッタ さあ行くぞ、
  足りないかけらを探しにね」



自分の「足りないカケラ」を探し求めて旅に出た「ぼく」。
旅の途中で彼が見つけた答えとは?

絵も文章もシンプルなので、子供が読んでも楽しめますが、酸いも甘いも噛み分けた大人(笑)が読んでこそ、しみじみとした味わい深さを感じるのではないかしら。下手するとグッときて不覚にも涙ポロリなんてこともありそうです。いえ、あります。(←ワタシです)
この本を読むたび何故か元気が出て、「足りないモノだらけじゃ、文句あるか!」と無駄に太っ腹な気分になる単細胞な自分もどうかと思うが、それはさておき。
人それぞれ、その時々の立場や心境によって、いろんな読み方が出来るナイスな本だと思います。ちょっと心が凹んだときのお供に一冊どーぞ。
[PR]
by marienkind | 2006-07-01 13:21 | 書評