七月のうさぎ(休止中) marienkind.exblog.jp

好きなリンク先を入れてください

心に残った映画や読書の記録。日々の備忘録のようなモノ。【ブログ管理人:小夏】


by 小夏
プロフィールを見る
画像一覧
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

2006年宇宙の旅。


c0046869_81931100.jpg先日、市の科学館内にあるプラネタリウムに行って来ました。昔は、それなりに足を運ぶ機会も多かったけど、最近ではすっかり遠のいてしまったプラネタリウム。そんなこともあって、この日はけっこう楽しみにしていたのです。
館内ではテーマ別に幾つかの上映が予定されていたみたいですが、「夏の星空」をテーマにしたスペシャルダイジェスト版らしきものをセレクト。私にとっては、そりゃもう期待度MAXで幕を開けた上映会だったわけですが・・・。

プラネタリウムの魅力は、何と言っても天空いっぱいに拡がる満点の星空ですよね。
それがたとえ人工的に作り出されたものと頭ではわかっていても、何故か心が浮き立つものです。でも、プラネタリウムも時代と共にずいぶんと様変わりしたみたいッスね。今回、久しぶりにプラネタリウム体験した私は、正直言って驚きの連続でした。
それでも、前半まではまだ良かったのよ。前半は、「星座と神話」のエピソード、星々の紹介など、昔懐かしのトーンで進行してましたから、あんまり違和感はなかったのです。
それが、後半に入るやいなや雰囲気が一転、舞台はいきなり宇宙空間へと移動します。
ここからが本番。ジェットコースターよろしく息つく間もなく展開する映像!超スピードで迫り来る小惑星群!ホラ、あれだ。木星以降の誰かさんって感じ?最初は律儀に観ていたものの、
・・・・・・そう、まさかの宇宙酔い。(笑)
まるで、私の苦手な某アトラクションのようでした。
そんな訳で、係員の方が一生懸命解説してくれた内容も、こちとら吐き気との戦いでほとんど覚えておりませんのですわ。今になって冷静に考えれば、音も映像もめちゃくちゃリアルで綺麗だったし、最新式のプラネタリウム技術ってモノを堪能出来なかったのは、やっぱり残念。
けど、あの時はとにかくヘロヘロ状態でそんな余裕全くなかったもんなー。まっ仕方ないやね。

帰り際、念のため係員のお兄さんに尋ねてみたら、従来のまったりモードもあるらしくて、今回選んだヤツはけっこう映像的にヘヴィーだったみたい。
あっそう。要するに、セレクトミスだったわけね。つーか、それを先に言ってくれいっ!
・・・って、後でよくよくチェックしてみたら、パンフにちゃんと「宇宙を旅しよう!」って書いてあるやんか!いやー文句言わなくて良かったよ・・・。(^^;
しばらく、この手の激しいヤツは懲り懲りだけどね。
[PR]
by marienkind | 2006-07-21 09:40 | 日々雑感