七月のうさぎ(休止中) marienkind.exblog.jp

好きなリンク先を入れてください

心に残った映画や読書の記録。日々の備忘録のようなモノ。【ブログ管理人:小夏】


by 小夏
プロフィールを見る
画像一覧
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

「美しい国、日本」の未来は。


まずは、こちらの記事をご覧下さい。
■記事:給食費払わぬ親たち (Sankei Web) 


この前の「いただきます」論争のときも唖然としたものだけど、これもまた・・・。
とにかく、この親たちの言い分ってのがスゴイです。あー言えばナントカです。


「義務教育だから払いたくない!」

「給食を出せと頼んだ覚えはない!」


「給食を止められるものなら止めてみろ!」


・・・・・・・・・・・・・・・・。
この屁理屈はいったいどこから湧いてくるのでしょう。


c0046869_0203839.jpgちなみに、『学校給食法』では、義務教育を行う小中学校に対して、「学校給食が実施されるように努めなければならない」という努力義務を課しているそうです。「給食費を払わないなら給食をストップすりゃいい」という単純な問題でもないから、ややこしいことになってるわけですね。
本法律が昭和29年に施行されたことを考えると、そろそろ法令自体を見直す必要に迫られているのかもしれませんが、とりあえずそれはさておき。
子供の規範となるべきはずの大人(親)が、自らの義務を果たさず権利ばかりを主張する。「権利には義務を伴う」 が全てにおいての基本なのにねぇ・・・どーも大きな勘違いをしている輩が多すぎますな。
もちろん、こんなイイ加減な親はごく一部だろうけど、子供は大人社会を見て育つもの。子供に対して、こんな間違ったルールしか示せない大人がこの先も増え続けることを想像すると、かなりゾッとしませんか?
ワタクシ、ひじょーにひじょーに不安で堪りませんわ。

「美しい国、日本」への道のりは遠そうです。晋三さん。
子供の教育改革の前に、このトンデモ親たちをなんとかしてくれ。切に・・・。


■参考:学校給食法(Wikipedia)
[PR]
by marienkind | 2006-10-02 00:45 | 気になる話題