七月のうさぎ(休止中) marienkind.exblog.jp

好きなリンク先を入れてください

心に残った映画や読書の記録。日々の備忘録のようなモノ。【ブログ管理人:小夏】


by 小夏
プロフィールを見る
画像一覧
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

手作りクッキー、好意が仇となり


手作りクッキーを近所の人にあげた少女たちに罰金刑 (Exciteニュース)

コロラド裁判所では、ハート型の紙で飾った手作りクッキーを近所の女性にあげた二人の十代の少女に、900ドル(約10万円)の罰金刑を科すことを決定した。訴えを起こしたワニタ・レネア・ヤングさん(49)によれば、少女たちはヤングさん宅をノックした後、頼んでもいないのにドアの前にクッキーを置き走って逃げ、それが原因でヤングさんに不安性発作が起こリ、翌日病院に行ったと告訴していた。

恒常的に治安上の問題を抱えた訴訟大国アメリカならではのニュースですね。
日本だったら、「単純な誤解」で済んだことかもしれませんから。
正直、「心臓発作になるほど脅えるかなぁ?」という思いは拭えませんが、夫人の気持ちも判らなくはないです。深夜ノックだけで逃げる足音を聞いたら、「誰か隠れてるんじゃない?玄関先に怪しいものは?ドキドキドキドキ・・・」とそりゃ神経過敏にもなりますって。

せめて、少女たちも置いて走り逃げるのではなく、面と向かって手渡せば好意は伝わったのかなぁと思うと、仇となってしまった好意が哀しく思えてなりません。この夫人だって人の善意が全くわからないほど愚かじゃないとは思うんですけどねぇ。
唯一救われたのは、裁判所が少女たちに懲罰的損害賠償義務を認めなかったこと。願わくば、少女たちがこのことで将来人間不信などに陥らないことを。
[PR]
by marienkind | 2005-02-06 10:44 | 気になる話題