七月のうさぎ(休止中) marienkind.exblog.jp

好きなリンク先を入れてください

心に残った映画や読書の記録。日々の備忘録のようなモノ。【ブログ管理人:小夏】


by 小夏
プロフィールを見る
画像一覧
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

ステイ (2005年、米)


c0046869_2253013.jpg

オフィシャルサイトにダイブして、まず目に飛び込んでくるのが、
「この映画の謎は、頭で考えても決して解けない。」というフレーズ。

うん?決して解けない謎じゃないと思うよ。
摩訶不思議な世界観ばかりがクローズアップされていますが、最後までちゃんと見ていればわかるんじゃないのかな。
ひとつの物語としてもステキな話だったと思います。
切なすぎてちょっと泣きそうになりました。

それはともかく。
私が気になって気になって仕方なかったのは、物語の謎よりもユアン君のズボン丈だったんですがっ!
なにゆえあんなに短いの?教えてホームズ先生!
と思ってググッてみたら、あっさり謎の答えをゲットできちゃいました。
恐るべしネットパワー。
どうやら「ある設定上の仕様」(監督談)だそうですが、そんなの誰が気づくかいっ!むしろ、そんな監督のこだわりにビックリです。


【STORY】
ニューヨークの有名な精神科医サム(ユアン・マクレガー)が新たに受け持つことになった患者は、ミステリアスな青年ヘンリー(ライアン・ゴズリング)。予知めいた能力を持つヘンリーは、3日後の21歳の誕生日に自殺すると予告する。一方、自殺未遂経験を持つサムの元患者で恋人のライラ(ナオミ・ワッツ)は、自分と同じ自殺願望を持つヘンリーに興味を抱く。やがて、誕生日を前についに行方をくらましてしまったヘンリー。彼を救おうと必死で行方を捜すサムだったが、次第に彼の周りで、現実の世界が奇妙に歪み始める・・・。
(allcinema ONLINE)

[PR]
by marienkind | 2007-07-13 19:11 | 映画評