七月のうさぎ(休止中) marienkind.exblog.jp

好きなリンク先を入れてください

心に残った映画や読書の記録。日々の備忘録のようなモノ。【ブログ管理人:小夏】


by 小夏
プロフィールを見る
画像一覧
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

京都大病院でも個人情報流出


患者情報入りパソコン盗難 京大病院、249人分 (共同通信)

京都大病院(京都市、田中紘一院長)は15日、研究室などにあったノートパソコン9台が盗まれ、うち1台に249人分の患者の個人情報が含まれていた、と発表した。同病院は府警川端署に被害届を提出。個人情報が保存されていた患者に謝罪しているという。病院によると、パソコンに入っていた個人情報は、禁煙後にニコチン中毒の治療を受けていた外来患者のデータ。通院をやめた後に相談を受ける際の基礎資料として保管していた。9日から10日にかけて盗まれたという。
昨日のNTTドコモ個人情報流出ニュースに引き続き、連日の報道です。
そもそも厳重に管理するべき個人情報が、何故いともあっさり流出してしまうのでしょう。
それも、患者のプライバシーに十分配慮するはずの「病院」で起こってしまったとは、まったくもって「なんてこったぁ!」です。盗難犯の目的が、パソコンか個人データかはこの際問題ではありません。結果として、杜撰な管理体制が露呈してしまったことは否定できないでしょう。

ところで、患者は医療上の個人情報について本人の承諾なしには一切開示されないという権利を持っています。今回のことで、病院側は深く患者に謝罪しているとのことですが、いったいどう詫びるつもりなのか・・・。
[PR]
by marienkind | 2005-02-15 18:52 | 気になる話題