七月のうさぎ(休止中) marienkind.exblog.jp

好きなリンク先を入れてください

心に残った映画や読書の記録。日々の備忘録のようなモノ。【ブログ管理人:小夏】


by 小夏
プロフィールを見る
画像一覧
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

ALIVE


映画「生きてこそ」の生存者の所持品が見つかる(Excite世界びっくりニュース)
今週、あるアメリカ人ハイカーがアンデス山脈で財布を発見した。財布の持ち主は、1972年に飛行機事故の生存者で生き残るために人肉を食べたという話で世界中に衝撃を与えた映画「生きてこそ」のモデルになったひとりでもあった。所持品は偶然見つかった。フィルムと現金、身分証明書とジャケットも一緒だった。ウルグアイのテレビ報道によれば、所持品は飛行機が墜落した地点から2、3メートル離れたところで、32年間分の雪に埋もれていたという。
生と死の狭間で、人は何に希望を託し生きる術を見出すのか・・・。
『生きてこそ』は、あまりにショッキングな映画です。
私が、この映画を見たのはもう数年も前になりますが、実話と知ってとても衝撃を受けた覚えがあります。「生きる」か「死ぬか」・・・・。あの状況の中で、この究極的選択を突きつけられたら、自分ならどうしただろう? 死を選ぶだろうか、それともひたすら生き延びたいと願うだろうか・・・。
ここに「人間の原点」を問われているような気がしてなりませんでした。

今回のことで、所持品の持ち主は当時の悲惨な記憶が一気に蘇ったと言います。過ぎ去った悪夢が現実として蘇った瞬間、彼は果たして何を思ったのでしょうか。

◎『アンデスの聖餐/La Odisea Delos Andes』詳細はこちら
◎『生きてこそ/ALIVE』詳細はこちら
[PR]
by marienkind | 2005-02-20 10:45 | 気になる話題