七月のうさぎ(休止中) marienkind.exblog.jp

好きなリンク先を入れてください

心に残った映画や読書の記録。日々の備忘録のようなモノ。【ブログ管理人:小夏】


by 小夏
プロフィールを見る
画像一覧
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

カテゴリ:日々雑感( 110 )


3.11から一年を経て。


震災の記録。(2012年 福島県いわき市某所にて)

c0046869_1559586.jpg
c0046869_1602476.jpg
c0046869_1603595.jpg
c0046869_1604867.jpg
c0046869_1605626.jpg
c0046869_1612275.jpg
c0046869_1613035.jpg

震災の傷痕が色濃く残る集落、延々と路上に積み上げられた瓦礫の山。
3.11から一年、震災の記憶が遠のきつつあった自分にはショッキングな風景だった。
ああ、これは自助努力だけではどうにもならんなぁ・・・
一瞬、凹む。

おおっと、いかんいかん。福島県民として、諦めたらいかん。
全ては、これからなんだから。
まずは、この放射能汚染された瓦礫をどうにかしないことにはね。
一年以上経ってもこのままでは、ここに住む人たちがあまりにも可哀相だ。
[PR]
by marienkind | 2012-03-28 18:39 | 日々雑感

c0046869_9224253.jpg

「全壊」こそ免れたものの、「大規模半壊」とはこれまた・・・(汗)

パッと見は問題なさげに見えて、住宅基礎部分に亀裂が入った箇所が幾つかあったりしたので、ひょっとしたら結構イクやもしれんなぁ~と思っていましたが、この結果はさすがに想定外で、震災後再びのプチ凹み来た。現実的に考えて、ここに住むっきゃないので、「補修」メインで考えるしかないのですが、うーむー・・・

とりあえず、父の事務所への疎開は今しばらく続きそうです。
[PR]
by marienkind | 2011-07-13 10:00 | 日々雑感

ブログ再開。


ブログ放置期間、最長記録更新しちゃいました。

「東京電力福島第一原発事故(以後、フクイチ事故)」後、放射能に対するストレスからか、日々じわじわ襲い来る精神的ダメージからなかなか抜け出せないまま、早2ヵ月半。
健全な精神を取り戻すべく、この状況を一旦リセット、一歩踏み出す準備期間が必要だったといいますか。マイPCが震度6弱の揺れに耐え切れず机から落下、ほとんど使い物にならない状態だったことも理由のひとつではあるのですが。
しかし、ぐずぐず嘆き続ける状態にもさすがに限界があり、2ヵ月半経ってようやっと気持ちも落ち着いてきたので、そろそろブログ再開してみよっかな。
というわけで。

ご無沙汰しております。小夏です。皆さま、お元気でしたか~

とりあえず、近況をざっと述べると、3月11日に起きた東日本大震災の被害は、ぼちぼち片付きつつあるものの、肝心のフクイチ問題は一向に収束する気配すら見えず、どちらかというと、日に日に深刻な事態に陥っていると思われる今日この頃です。
でもこれ、もともと危機的状況にあった事実を、政府(&東電)が必死こいて隠していただけの話でしょ?と、一応、ここはお約束でつっこんでおく。
とはいえ、福島の地に生きる住民にとって「放射能汚染」は現実の脅威であり、とりわけ自分が住む郡山市の放射線量なんぞは、避難地区圏外でもベスト3にランクインするほどのトンデモ高さだったりするし(というか、避難地区より線量高いってどーよ?)、しかも、放射性物質は現在もフクイチからダダ漏れ状態なので、「ただちに」影響はなくても、「いずれ」健康被害が出てくる可能性は大いにあるレベルなのだ。信頼に足る情報が得られない、実態を正確に把握できない、これが一番怖いのです。

そんな自分に突きつけられた選択肢は二つ。
「逃げる」か「留まる」か。

結論から先に言っちゃうと、「逃げる」選択肢ってあんまりなかったんですけど。

そりゃ将来の健康を考えれば、避難するに越したことはないんだろうけど、爆発当初に逃げるならまだしも、もう相当量被曝しちゃってるだろうしな~とか、今さら逃げるのもなんだかな~とか、まあいろいろ。いやいやいやいや、別に諦めの境地から後ろ向きになってるわけじゃないですよ。今だって相変わらず葛藤しまくりの日々だったりするんですが、事故から2ヵ月半経って、放射性物質についてそこそこ学んだ(つもり?)自分がデータを見た印象では、汚染度に程度の差こそあれ、東日本どこも似たり寄ったりというか、大気&水&土壌、全部ひっくるめてどこに逃げてもそれなりに危うかったりするのですわ。(此処よりは安全だろうけど)
なので、避難するなら関東スルーして西日本まで抜けるか、思い切って九州&沖縄くんだりまで逃げないとはっきり言って意味ないと思うのです。でもそれ、さすがにムリだから。

それに、現実問題として「逃げる」ってなかなか大変なのですよ。
一ヶ月や二ヶ月程度なら、ひっそり身を隠してなんとかなるかもしれないけれど、いつまでもそのままってわけにもいかないでしょ。そうなると、生活拠点を別の場所に移すことも検討しなきゃならんわけで、そのへんのメリットとリスクを天秤にかけて考えると、あー・・やっぱりそれはないわ~って。切り捨てなきゃならないものがあまりに多すぎるし。
それならむしろ、此の地に「留まる」リスクについて、自分でコントロールする術を見出したほうが楽・・・(笑)、いやいや、もとい!「身を守る」手段をさっさと考えた方がベターかもしれないなと考えたわけです。

もちろん、次に爆発したら、後先考えずにとっとと逃げますけどね。
そんなことになったら、さすがに被曝量のキャパ限界突破しちゃうと思うので。

まあ自分の場合、根が楽観的なだけって気がしなくもないですが、幸いにも「ただちに」健康に影響があるわけじゃないみたいだし(← これ枝野某へのイヤミじゃないですよ。マイ試算に基づくマジメな話)、どうせ此処に残らざるを得ないのであれば、とりあえず、逃げることを考える前に、可能な範囲で足掻けるだけは足掻いてみようかな、と。国が全くアテにならない今、自分の身を守れるのは自分だけですからね。
そのためには、「正確な情報」が不可欠。これだけはきちんと押えておきたいです。
過剰な報道に惑わされることなく、正しい情報を取捨選択できる眼を養うこと。
その上で、自分に出来得る最大限の予防線だけはしっかり張っておきたいと思っています。
[PR]
by marienkind | 2011-05-25 20:20 | 日々雑感

大丈夫です。


と、強がってみる。

いや、正直なところ、今回ばかりはさすがに凹んだかも。
倒壊こそしなかったものの、家の中は見るも無残な状態で、今後、いろいろ復旧して身の回りが落ち着くまでのことを考えると気が遠くなりそうです。けど、福島県の一部地域が壊滅状態であることを考えると、家族全員が無事だったことにまずは感謝ですね。

下の画像は、帰宅途中の駅前風景。ケータイにて撮影。
この写真を撮ってた頃は、まだ余裕だったんですけどねぇ・・

c0046869_815725.jpg

コメント下さった皆さま、本当に本当にありがとうございます。私はなんとか無事です。
ですが、バタバタしている状態のため、申し訳ありませんが、コメントレスは暫しお待ち下さい。
取り急ぎ、報告まで。
[PR]
by marienkind | 2011-03-12 08:18 | 日々雑感

近況とか。


ついに!ついに!ブログ停滞一ヶ月超の記録更新!2月更新ゼロ!
って、そんなの記録更新してどうするよ!というセルフツッコミはさておき、ご無沙汰しております小夏です。
なんか下手すると更新しないままフェードアウトしそうな危機感もあったり、けど、それは本意じゃないので、ここらで重い腰をあげることに。まずは、更新が空いてしまった言い訳を兼ねた近況など。

えー3週間ほど前、父が雪かき中に足を骨折しました。
元気ハツラツ!とまでは言わないまでも年齢不相応に(?)バリバリ仕事していて、今まで怪我らしい怪我をしたことが無かった父。今回も単なる捻挫だろうと安易に構えていたところ、突然の骨折宣告に家族一同あたふた。
なにが一番大変って、父の仕事のフォローが半端ないのです。
個人で事業を営んでいる父の仕事は、基本的に本人以外わからないことだらけ。けど、お客様にその理屈は通用しないので、そのプレッシャーだけでやせ細りそうです。まー根性で頑張るっきゃないっすね。

まあ、そんなこんなで普段の6割増バタバタした毎日を送っているため、おのずと優先順位的にブログ更新が後回しになってる有様ではありますが、なんとか生きておりますので、ご安心をば。(笑)
とりあえず、『ツーリスト』だけは何としてでも観に行くぞ!と。

簡単ですが、そんな近況デス。



[PR]
by marienkind | 2011-03-03 10:52 | 日々雑感

c0046869_16571543.jpg


昨晩は、猛烈な睡魔攻撃を受けて夜10時前に大人しく就寝しちゃったんですが、紅白歌合戦って、結局どっちが勝ったんでしょうか?とりあえず録画しといたので後で確認しようと思ってますが、ぶっちゃけ勝敗よりも、香川サン@弥太郎による福山クン@龍馬の断髪式が早く見た~~い!!かも。
個人的に、福山ロン毛はかなりお気に入りだったし、出来ればずっとこのまま・・・と思っていたので、残念と言えば残念なのですが、まあ、こればっかりは仕方ありませんですね。

あ、そういや、今日の朝方に蛇の夢を見ました。これ縁起モノだよねぇ~~?幸先よろし
・・・あれ?ナイショにしないと効果ないんでしたっけ?
[PR]
by marienkind | 2011-01-01 14:27 | 日々雑感

快晴!
c0046869_1437361.jpg


白鳥(&鴨)も優雅に羽休め中。
c0046869_14404236.jpg

でもって自分は、微妙に風邪っぴきと格闘中・・・
[PR]
by marienkind | 2010-12-26 14:46 | 日々雑感

連日35度。
エアコンが不調です。
天然の猛暑に耐えろってか?
c0046869_9363746.jpg
日本でも有数の透明度を誇る猪苗代湖。気分だけでもちょっと涼しくなった・・・かな?
(2010年7月18日撮影)
[PR]
by marienkind | 2010-07-21 09:37 | 日々雑感

今さらながら桜便り。


全国的にはホント今さらって気がしなくもないんですが、実際に咲いたのがつい最近なものでまとめてご紹介。
冬に逆戻りしたかのような悪夢の4月を乗り切って、今年も健気に花咲かせてくれました。


(二本松市)合戦場のしだれ桜。三春町滝桜の孫桜との噂あり。
「平安時代、朝廷の命で奥州征伐に来た八幡太郎義家と地方豪族の阿部貞任・宗任兄弟が戦った地」という地元民でもイマイチわからん歴史説明が・・。鎌倉時代より前の歴史はさっぱりわからんとです。
一面に咲く菜の花との色彩コラボが素晴らしい。写真ではその美しさが全然伝わらないのがもどかしいです。
c0046869_943458.jpg


(三春町)誰もが知る三春町の滝桜。生憎の雨天での一瞬の晴れ間を狙った一枚。
間近で見ると、幹はボロボロで支柱がないとすぐに折れそうだし、ほんっと老木なんですよ。
それでも、いや、だからこそ、この老木からは命の力がダイレクトに伝わってくるのだと思います。
見る度に涙が出そうになります。
c0046869_9431819.jpg


(郡山市)雪村庵のしだれ桜。
「雪村庵」とは、室町時代に禅宗の画僧「雪村周継(せっそんしゅうけい)」が活動の拠点とした庵。
位置的に名所滝桜が近いにもかかわらず、いつ行っても人っ子ひとり居ない穴場中の穴場だったりします。
周囲を囲む竹林がリアルに不気味。
c0046869_9433210.jpg


(三春町のちょい先あたり?)通りすがりの桜。
正確な位置は不明です。こちらも菜の花とのコントラストがお見事でした。
c0046869_9434974.jpg

[PR]
by marienkind | 2010-05-10 09:33 | 日々雑感

c0046869_14332467.jpg


心を素直にし、身持ちを正しくすれば、ますます運よろしく何事も思うままになるでしょう。
欲をはなれて人のために尽くしなさい。


本日初詣に引いたおみくじの言葉です。
要するに、“他人に優しく、誠実に生きろ”ということだろうけど、
簡単なことのようで実践するのが難しいんだな、これが。
まっ何はともあれ、大吉(ひゃっほい♪)だったので良しとする。今年は幸先良さげですv

昨年は、BLOG更新サボリ気味だったにもかかわらず、懲りずにお付き合い下さりありがとうございました。
今年は(今年こそ?)、もう少し更新頻度UPに励みたいと思いますので、見捨てず面倒見てやって下さいまし。
(・・・って、去年も同じようなこと言ってなかったか?自分。^^;)
[PR]
by marienkind | 2010-01-01 14:57 | 日々雑感