七月のうさぎ(休止中) marienkind.exblog.jp

好きなリンク先を入れてください

心に残った映画や読書の記録。日々の備忘録のようなモノ。【ブログ管理人:小夏】


by 小夏
プロフィールを見る
画像一覧
カレンダー

<   2005年 02月 ( 38 )   > この月の画像一覧


77th OSCAR (主要6部門)


c0046869_15592792.jpg米アカデミー賞、「ミリオンダラー・ベイビー」が作品賞など4冠

第77回米アカデミー賞の授賞式が27日、ロサンゼルスのコダック劇場で開催され、クリント・イーストウッド監督(74)の女性ボクサーとトレーナーのドラマを描いた「ミリオンダラー・ベイビー」が作品賞をはじめ4冠に輝いた。
イーストウッド監督は、有力候補マーティン・スコセッシ監督(アビエイター)を抑え監督賞も受賞。同作品は、主演女優賞、助演男優賞も獲得している。
外国語映画賞は、スペインの「The Sea Inside」が選ばれた。



○作品賞 : 「ミリオンダラー・ベイビー」

○監督賞 : クリント・イーストウッド 「ミリオンダラー・ベイビー」

○主演男優賞 : ジェイミー・フォックス 「Ray/レイ」

○主演女優賞 : ヒラリー・スワンク 「ミリオンダラー・ベイビー」

○助演男優賞 : モーガン・フリーマン 「ミリオンダラー・ベイビー」

○助演女優賞 : ケイト・ブランシェット 「アビエイター」


c0046869_15254572.jpg賞レース予想では「アビエイター」が大本命でしたが、結果は「ミリオンダラー・ベイビー」の独占勝ちとなりました。作品賞が「ミリオンダラー・ベイビー」、主演男優賞がジェイミー・フォックス(「Ray/レイ」)についてはほぼ予想通り。個人的には、今年こそ無冠の帝王マーティン・スコセッシに監督賞を獲って頂きたかったところ。
写真は、「ミリオンダラー・ベイビー」の監督クリント・イーストウッドと主演女優賞のヒラリー・スワンク 。

◎関連サイト:アカデミー賞公式サイト「OSCAR.com」(英語)
[PR]
by marienkind | 2005-02-28 15:32 | 映画情報

ラジー賞の行方


米ラジー賞、最低主演男優賞にブッシュ大統領(Excite芸能ニュース)

c0046869_21513457.jpg米アカデミー賞の発表に先立ち、「最低の映画作品や俳優」を選ぶ第25回ゴールデン・ラズベリー賞(ラジー賞)が26日発表され、ブッシュ大統領が最低主演男優賞を獲得した。マイケル・ムーア監督のドキュメンタリー映画「華氏911」で痛烈に批判された大統領は、最低主演男優賞のほかにライス国務長官と共に最低スクリーン・カップル賞も獲得。最低主演女優賞は「キャットウーマン」のハル・ベリーが受賞。同作品は作品、監督、脚本を合わせて4冠に輝いた。


「華氏911」&「キャットウーマン」ダントツ強しでしたねぇ。
それにしても、オスカー女優のハル・ベリーが一転、「ラジー賞」とは全くもって手厳しい^^;
加えて、10年来の最多受賞俳優、シルベスター・スタローンの名が見当たらない年というのもそれはそれで淋しいものがありました。まあ、それはさておき。
本日は、時の大統領ジョージ・W・ブッシュが「最低」であれ俳優として公に認められた記念すべき第一歩。皆で讃えようではありませんかw

明日2月28日(日本時間)は第77回アカデミー賞授賞式です。
さて、オスカーの行方は?



ゴールデン・ラズベリー賞/The Golden Raspberry (RAZZIE) Award.

c0046869_2144756.jpgその年度の最悪のハリウッド映画に(冗談半分で)おくられる映画賞。通称ラジー賞。映画マニアのジョン・ウィルソン氏が1980年に発足させた。3月のアカデミー賞授賞式の前夜、ハリウッドのルーズヴェルト・ホテルで発表される。受賞者は8mmフィルム缶の上に金色のラズベリーをかたどったトロフィーをもらえるが受け取りに来る人は滅多にいない。
俳優シルベスター・スタローンが29回ノミネート、9回受賞、とダントツの受賞記録を保持している。「ラズベリー」の名称は、英語で、舌を唇の間に置いて吹いて鳴らすことで人を侮辱する音であることに由来する。またニックネーム、ショートネームでもある「ラジー」は、「ラズベリー」と、アメリカの言葉で、からかう、侮辱する、無礼を働くという意味を持つ俗語の「razz」の両方に由来する。

(参照:はてなダイアリー「ゴールデン・ラズベリー賞」)
[PR]
by marienkind | 2005-02-27 22:07 | 映画情報

生きることは学ぶこと。


<新潟中越地震>山古志村の母犬マリ、絵本に(Excite社会ニュース)

c0046869_1341136.jpg山古志村の母犬マリが絵本になった。新潟県中越地震で自宅の下敷きになった飼い主を励まし、全村避難で無人となった村で16日間、産んだばかりの子犬3匹を守り続けた。その話に感動したNPO(非営利組織)「ながおか生活情報交流ねっと」の理事長、桑原真二さん(46)が出版を計画した。売り上げの一部は被災地の復興に充てられる。26日、山古志村や臨時村役場がある長岡市の子どもたちに計1000冊が贈られた。


世の中におきるいろいろなことはたった二種類しかないそうです。ひとつは「どうにもならないこと」、もうひとつは「どうにかなること」。マリはその二つについてわたしたちに教えてくれました。(冒頭文より)
「生きることは学ぶこと」という言葉があります。

父親として、母親として、そして人間として、私たちが大切にしなければいけないこと。それをマリは身をもって教えてくれたのではないでしょうか。誰に教わることなくたった一人で子犬を守りひたすら生き抜くマリの姿から、私たちが学ぶべきことは多いです。

◎文藝春秋社『山古志村のマリと三匹の子犬』紹介サイト
[PR]
by marienkind | 2005-02-27 00:40

c0046869_10294451.jpg原題: THE OTHERS
監督: アレハンドロ・アメナバール
出演: ニコール・キッドマン
    フィオヌラ・フラナガン
    クリストファー・エクルストン
    エレイン・キャシディ
    エリック・サイクス
    アラキーナ・マン
    ジェームズ・ベントレー
    ルネ・アシャーソン
    アレクサンダー・ヴィンス
    キース・アレン



『アザーズ』は、「ゴシックホラー」にカテゴライズされる通り、非常に古典的なホラー映画です。
実は、私はこの類の映画が非常に苦手だったりします。派手なバイオレンスホラーなんかは、意外と平気なのですが、どうにもあの「ひたひた感」がダメというか・・・。(涙)
案の定、見事恐怖のツボにヒットしてしまい、ラストまで何とも居心地の悪い緊張感を強いられてしまいました。

【STORY】
1945年、第二次世界大戦末期のイギリス、チャネル諸島のジャージー島。グレースは、この島に建つ広大な屋敷に娘アンと息子ニコラスと3人だけで暮らしていた。ある日、使用人になりたいという3人の訪問者が現れる。それ以来屋敷では奇妙な現象が次々と起こりグレースを悩ませ始める。

宣伝文句になった「驚愕のラスト」については、途中で真相に気づく方も多いと思います。
監督が、あの『オープン・ユア・アイズ』のアレハンドロ・アメナバールとあっては身構えて観てしまうのも致し方ないこと。実は、私もかなり序盤で気づいてしまうというミスを犯してしまいました。
この映画は何を言ってもネタバレになってしまうので多くを語れませんが一言だけ。
恐怖を増幅させるこの映画最大の要素はニコールの「美貌」、ぶっちゃけ「顔」です。
これだけでも堪能するべし。
[PR]
by marienkind | 2005-02-26 14:17 | 映画評

米MSが坂口氏起用。


<マイクロソフト>FFの坂口氏が次世代Xboxに参加 (Excite社会ニュース)

マイクロソフトは25日、家庭用ゲーム機Xboxの次世代機向けのゲーム開発に、大ヒットしたゲーム「ファイナルファンタジー」(FF)を生んだ坂口博信・元スクウェア(現スクウェア・エニックス)副社長(42)が参加すると発表した。次世代機の発売は未定だが、坂口氏は2本のゲームをプロデュースする予定。Xboxの新作はFFと同じロールプレーイングゲームになるという。坂口さんは「才能あるクリエーターの参加も決まり、新鮮な感動を呼び起こすものが作れる手応えを感じている」とコメントしている。
Xboxですかぁ。
坂口さんが次世代ゲーム機を視野に入れてRPG制作会社を設立したとは聞いてましたが、てっきりPS3だとばかり・・・。Xboxは盲点でした。でも考えてみれば、2001年に坂口さんが映画版FFでアメリカ参入を果たしたことからも予想できた流れかもしれませんね。
しかし、魅力あるタイトルを数多く揃えるPS市場がダントツで多くのゲームユーザーを確保していることは事実ですし、客観的に見て次世代PS3とXboxでその流れが極端に変わるとは考え難いと思うのですが・・・。そういう意味で、何故に今Xbox?という疑問は残ります。
うーん、でも結局はPS2ユーザーの戯言なんですかねぇ。

坂口氏コメント詳細 (情報元:Xbox.com)
2つの大きな作品の制作にわくわくしています。才能あるクリエイター達の参加も決まり、新鮮な感動を呼び起こすものが作れる手ごたえを感じています。また、マイクロソフトの Xbox 次世代機の最先端技術が、さまざまなアイデアの実現をかなえてくれます。新しい世界観、新しいキャラクターたち、それらが生き生きと現れ、皆の心に刻まれ、いっしょに過ごした時間に充実感を覚えるようなものにしたいです。

ああ、出来ることならこの情熱を次世代PS3に向けて頂きたかった・・・(涙)。
[PR]
by marienkind | 2005-02-25 20:52 | 気になる話題

法法華経


ウグイスが「ホーホケキョ」と鳴くのは春だけ?(Excite Bit コネタ)

c0046869_9392171.jpgウグイスは春告鳥、花見鳥といった別名もあり、春を象徴する鳥。冬の間は暖かいところにいて、春がくるとササが茂った山野に来て子育てを始める。この春の子育てシーズンにオスがメスを誘うために「ホーホケキョ」と鳴くのである。で、繁殖期がおわる秋ころになると「ホーホケキョ」とは鳴かずに「チャッチャッ」という小さな声で鳴くのだそうだ。ということで、ウグイスが「ホーホケキョ」と鳴くのは春から夏のみだったのだ。

へぇ~ へぇ~ へぇ~ これは知らなかったです~。
鶯の鳴き声が春の訪れの指標になることから「春告鳥」の異名を持つことは知っていましたが、あの鳴き声がメスを誘うためだったとは。恐るべし「ホーホケキョ」w

ちなみに、記事もあるように「チャッチャッ」という鳴き声は普段の声、さらに「ケキョケキョ」と鳴くこともあってこれは警戒を表すそうです。なるほど、言われてみれば確かに・・・。
[PR]
by marienkind | 2005-02-25 09:45

ラッセル・クロウとジョージ・クルーニーの舌戦 (Excite芸能ニュース)

ラッセル・クロウが、アメリカ国外のテレビCMに出演するジョージ・クルーニーやハリソン・フォード、ロバート・デ・ニーロらを名指しで批判した。アメリカでは「CMに出演するタレントは二流」というイメージがいまだに根強いため、セレブたちは自国のCMには出演せず、日本やイタリアなどで出稼ぎを行っている。
ハリウッド俳優が、日本国外では放映しない絶対条件のもとCM出演する話しは耳にしたことがありますが、その裏にはこんなややこしい事情があったんですねぇ。納得です。
ラッセル・クロウもわざわざケンカ吹っかけるようなことをしなくてもいいものを・・・。
好意的に解釈すれば、真剣にアメリカ俳優の未来を危惧するが故とも考えられますが、実際に意図するところはわかりません。ちなみに、噂の舌戦は以下の通り。

おれは生活のために、自らの知名度を利用しない。おれに言わせりゃ、神聖を汚す行為だよ。映画を観にくる観客と役者との信頼関係を、完全にぶちこわしちまうんだからな。
(by ラッセル・クロウ)


ラッセル・クロウこそ、自分のロックバンド「30 Odd Foot of Grunts」を宣伝するために、自らの知名度を利用しているじゃないか。おれもハリソンやデ・ニーロと一緒にバンドを結成しようかな。いいアイデアをありがとうよ。
(by ジョージ・クルーニー)


本当にこんな会話が交わされたんでしょうか。まぁそれはさておき。
巷間の噂では、ウィットに富んだ大人のジョーク満載のジョージ・クルーニーに軍配が挙がっているようですが、どっちつかずの私としては微妙な線^^;
[PR]
by marienkind | 2005-02-24 15:37

チャド・シュミット


ブラピ、新作の役名は「ブラッド・ピット」 (情報元:eiga.com)

c0046869_132501.jpg
ブラッド・ピットが、自らをパロディにした映画に出演することが明らかになった。「チャド・シュミット」というコメディ映画で、ブラッド・ピットは映画スターであるブラピ本人と、ブラピにそっくりな売れない俳優チャド・シュミットの2役を演じることになる。脚本を担当するのは、ニコラス・ケイジ主演の新作ドラマ「ウェザー・マン」を執筆したスティーブ・コンラッド。監督は未定。(eiga.com 「ニュース&噂」)

コメディ&パロディ、いいですねぇ。個人的に、コミカルキュートな彼は好みです。
タイトル名から察するに、「映画スター“ブラピ”」ではなく「売れない俳優“チャド”」の方にスポットが当たってるのかな? ブラピは、「冴えないチンピラ」や「どーしようもないサイテー男」を演じさせたらピカイチだと思うので、今回の「売れない俳優」というノリにも期待度アップですw
[PR]
by marienkind | 2005-02-24 01:36 | 映画情報

バー!バァ!婆!


<バーガーバー>東京進出で改名 バーガー婆に聞こえると (Excite社会ニュース)

c0046869_13494639.jpg公募で名前が決まった長崎県佐世保市名物・ハンバーガーのイメージキャラクター「バーガーバー」が、東京進出に当たって「バーガーボーイ」に改名されることになった。「バーガー婆(バァ)」に聞こえるからとの理由。デザインした漫画家のやなせたかしさんの了承は得られそうだが、名前を募った佐世保観光コンベンション協会などの関係者は「公募なのに申し訳ない」と複雑な表情で、応募者に謝罪することにしている。


聞こえませんって、「バーガー婆」なんて^^;
それに、仮に聞こえたとしても問題ないと思いますけど。
そもそも、何故「ボーイ」なら良くて「婆(ばぁ)」はダメなのでしょう。私には敢えて改名しなければならない理由がよくわかりません。

記事にもあるように、「バーガーバー」の名前は「ハンバーガーば1つちょうだい♪」という佐世保弁の「~ば」に由来するそうです。郷土性豊かなネーミングで素敵じゃないですかぁ。
このように愛着を持って名付けたものを、簡単に変えようとする感性の方がよっぽど問題だと私は思うのですが・・・。
[PR]
by marienkind | 2005-02-23 14:08

気持ちはわかりますが。


<小泉首相激怒>「警官が犯人から逃げるとは何事か!」(Excite社会ニュース)
22日午前の閣僚懇談会で、小泉純一郎首相が金属バットのようなものを振り回す男から警官が逃げ出した事件を取り上げて「警官が犯人に追われて逃げるような場面を(テレビで)見た。逃げるとは何事か。よく状況を精査して注意するように」と激怒する場面があった。
事件は19日朝、東京都港区の通称お台場で発生した。薬物中毒の疑いがある男性容疑者(26)が交通事故を起こし、駆けつけた警官に「近づくな、殺すぞ」と怒鳴りながら金属バットのようなものを振り回した。無人のパトカーで逃げようとしたところを逮捕したが、取り押さえる過程で警官が容疑者に追いかけられる様子などが民放で放映された。
この場面、ちょうどニュースで見てました。
小泉首相が激怒する気持ちも、まぁ・・・わからなくはないです。
犯人と1対1ならともかく、数名(2名?)の警官がカメラマンを追い抜き一目散にダッシュする姿には私も「・・・・^^;」の気持ちを禁じえませんでした。逆に、危害が及ぶ位置にいながらも、逃げる警官の背中を映し続けるカメラマンのプロ根性には敬服w

とは言え、小泉首相は一国の長。
このニュースへのTBひとつ取っても賛否真っ二つの問題に対し、否定的側面だけを取り上げて激昂するのはいかがなものでしょう。首相の発した一言がどれほどの影響力を持つか、その辺を熟考のうえ慎重にコメントして頂きたいと思いました。
[PR]
by marienkind | 2005-02-22 19:06 | 気になる話題