「ほっ」と。キャンペーン

七月のうさぎ(休止中) marienkind.exblog.jp

好きなリンク先を入れてください

心に残った映画や読書の記録。日々の備忘録のようなモノ。【ブログ管理人:小夏】


by 小夏
プロフィールを見る
画像一覧
カレンダー

<   2005年 04月 ( 30 )   > この月の画像一覧


Love Anniversary Lucky Girl♪


2月に「Exciteブログ1周年記念プレゼントキャンペーン」が開催されたので、興味半分で応募してみたところ、

当たっちゃいましたー!!\(o⌒∇⌒o)/わーい♪
c0046869_12264933.jpg
ミュージシャンの「hitomiさんからタオル」です。濃紺に王冠ロゴが可愛いw
あ、サイン色紙も一緒についてきました。
ひょっとしてすっごくラッキーなのかなぁ~。(うふうふ)
[PR]
by marienkind | 2005-04-30 20:21 | 日々思ふこと

皆さんは、DVDは「買う派」ですか?それとも「レンタル派」ですか?
私は、基本的には「レンタル派」です。
そんな私でも、一度鑑賞して、あるいは感想を拝見して「これは間違いなく傑作!」と判断した作品は俄然手元に置いておきたくなります。
そんなこんなで稀に狂ったように買い占めてお財布ピ~ンチ!になることも(^^;

ということで、久々にいろいろ漁って参りました~♪
本日購入したDVDは、ちょっと渋めに「ガンジー」「JFK」、二日前に「ライフ・イズ・ビューティフル」の計3作品。

c0046869_12283898.jpg「ガンジー」は、以前ちらりと観て印象深かったので、今回じっくり再鑑賞を試みる予定。こういった大作を観る時って何気に心の準備を強いられます(笑)。
c0046869_12292559.jpg「JFK」は、若かりし頃のゲイリー・オールドマンとケヴィン・ベーコンの再確認。
・・・って、もちろんそれだけじゃないですよ(^^;
c0046869_12295563.jpg「ライフ・イズ・ビューティフル」は、以前から観たかったイタリア映画の一つですが、ひじょ~にリーズナブルだったので。
junさんお薦めの一品でもあります。


いずれも、私に感動を与えてくれること間違いなしの3本になるでしょうw
GWはこの路線でガンガン行きますわ(笑)。
[PR]
by marienkind | 2005-04-29 16:29 | 映画情報

今さらかもですが・・・(^^;
「スター・ウォーズ エピソード3/シスの復讐」オープニング・ロールって、既に劇場予告編などでもガンガン流れているのでしょうねぇ。
まぁ、一応予習ってことで今一度目を通しておきませう。
War!The Republic is crumbling under attacks by the ruthless Sith Lord, Count Dooku. There are heroes on both sides. Evil is everywhere.

In a stunning move, the fiendish droid leader, General Grievous, has swept into the Republic capital and kidnapped Chancellor Palpatine, leader of the Galactic Senate.

As the Separatist Droid Army attempts to flee the besieged capital with their valuable hostage, two Jedi Knights lead a desperate mission to rescue the captive Chancellor....

戦争勃発! 狡猾なシスの暗黒卿ドゥークー伯爵による度重なる攻撃に、銀河共和国は崩壊しつつあった。両軍に英雄がいた。いたるところに邪悪がはびこっていた。

そんな中、残忍なドロイド軍の指導者グリーバス将軍が大胆な行動に出る。共和国首都に奇襲を仕掛け、宇宙協議会のパルパティーン最高議長を誘拐してしまったのだ。

重要な人質を手に、占領都市からの撤退を試みる分離主義のドロイド軍。パルパティーン最高議長を救うため、2名のジェダイの騎士が決死の救出作戦を率いることになった……。
(情報元:eiga.com)

公式サイトでも、2月初旬にオープニング・ロールが発表されたようですが、この早さは異例のことらしいですね。
今夏は同時期にスピルバーグ監督作品「宇宙戦争/War of the Worlds」も控えてますし、ひょっとして牽制の意味もあるのかな?何たって、スティーブン・スピルバーグとジョージ・ルーカス二大巨頭の対決ですからねぇ。
私は、当然どちらも観ますけどw
[PR]
by marienkind | 2005-04-28 21:02 | 映画情報

ダン・ブラウンのベストセラー小説「ダ・ヴィンチ・コード」の映画化に、「ロード・オブ・ザ・リング」のガンダルフ役で知られるイアン・マッケランと「スパイダーマン2」でドック・オクを演じたアルフレッド・モリーナの出演が決定!
(情報元:eiga.com)

待望の映画「ダ・ヴィンチ・コード」の配役が続々決まりつつありますねw
(フライング情報だったらご勘弁下さいませ♪)

c0046869_1310461.jpg
まず、イアン・マッケラン演じるは、メインキャストの一人「サー・ティーヴィング」です。「サー」繋がり?(笑)
冗談はさておき、イメージ的にはピッタリという気も。彼ならば、良識ある高潔な理想主義者としての顔、そして奥に潜む危険な一面を巧みに演じ分けてくれそうです。

c0046869_13112680.jpg
そして、一方のアルフレッド・モリーナは、「マヌエル・アリンガローサ司教」役に決定。「ダ・ヴィンチ・コード」で描かれるアリンガローサ司教は、敬虔な原理主義的信仰の持ち主、そして事件発端の鍵を握る人物です。彼については、出演作も含め今ひとつ詳しくないのですが配役的にはどうなのかしら?
c0046869_13115463.jpg
さらに、ついでと言っちゃ何ですが、
やはり大注目の「シラス」役。
日本国内では未発表ですが、おそらく?
「Da Vinci Casts Silas?」



【DATA】
    ■The Da Vinci Code
    2006年5月19日公開予定
    監督 : ロン・ハワード
    脚本 : アキバ・ゴールズマン
    出演 : トム・ハンクス、オドレイ・トトゥ、ジャン・レノ他

「ダ・ヴィンチ・コード」(原作版)オフィシャルサイト
[PR]
by marienkind | 2005-04-27 20:08 | 映画情報

c0046869_115350100.jpg原題: RESERVOIR DOGS
監督: クエンティン・タランティーノ
出演: ハーヴェイ・カイテル
    ティム・ロス
    マイケル・マドセン
    クリストファー・ペン
    スティーヴ・ブシェミ
    ローレンス・ティアニー
    カーク・バルツ
    エディ・バンカー
    クエンティン・タランティーノ


【STORY】
宝石店襲撃を決行した6人の男たちは、待ち構えていた警官隊の銃撃を受け隠れ家へ逃げ帰る。仲間の中にサツの犬がいる!



クエンティン・タランティーノ監督の記念すべきデビュー作。

物語の軸になるのは「警察のイヌは誰か?」です。ただし、
必ずしもそれは物語のメインテーマじゃありません。「警察のイヌ」はある事をキッカケに中盤アッサリ判明しちゃいます。じゃあ、何が面白いのかっていうと、何と言っても奴等一人一人のリアルな存在感と粋なセリフ回し、そして、いかにもチープ感漂う演出です。まずもって、ここのところを楽しめるかどうかが肝心。描写もかなりエグイですから、好みは激しく分かれるのは間違いありません。

個人的には、彼らがくだらない馬鹿トークを延々繰り広げられる冒頭シーン~オープニングクレジットに至るまでの全てがツボです。これは何度観ても背筋がぞくぞくするほどカッチョイイ!
1970年ヒットナンバー、ジョージ・ベイカー・セレクションの「リトル・グリーン・バッグ」(キムタクのCMで耳にした方も多いはず)をBGMに黒づくめの男たちが闊歩するシーンなんて、「あ~ベタだわぁ♪」と思いつつ毎度痺れてしまいます。
そうそう、スタイリッシュな映像に重なる音楽がこれまた粋なのです。
中でも、「アイ・ガッチャ」(ジョー・テックス)が劇中流れるタイミングの絶妙なこと!洋楽には疎い私ですが、あまりのノリの良さにサントラまでゲットしちゃいましたw

c0046869_23593613.jpgこの手の作品は、語れば語るほど野暮になりそうなのでひとまずこのへんで。
マシンガントーク炸裂で最後にオイシイところを全部さらってしまうMr.Pink(スティーヴ・ブシェーミ)には、とりあえず一票入れときましょう。(笑)

【トラックバック】「レザボア・ドッグス@映画生活」様「映画の部屋」様
[PR]
by marienkind | 2005-04-26 20:43 | 映画評

おさびし山の麓の


Question : この建物何だと思いますか?
c0046869_17263494.jpg
Answer : 「ムーミン」の世界を再現した公園

「おさびし山の麓のムーミン谷」って子供の頃すごく憧れたんですよ。
好奇心のツボを刺激されるというか・・・、「アルプスの少女ハイジ」に登場するおじいさんの屋根裏部屋とかもそうw この感覚わかるかなぁ。
というわけで、小夏としては愛知万博の「トトロの家」より惹かれてます。
予約も不要だし、何せ「タダ」(笑)。

記事によると、ムーミンワールドにはメインとなる「ムーミン屋敷」の他、「たきぎ小屋」や「水あび小屋」、さらに「森の家」にはムーミンやトーベ・ヤンソンに関する資料展示と絵本を読めるスペースなども設けられているそうです。
ちょっと遠いけど、機会があれば是非行ってみたいスポットですね。
子供だけじゃなく「ムーミン」大好き大人が楽しむべしw

◎関連リンク
 あけぼの子どもの森公園
 ムーミン公式サイト
[PR]
by marienkind | 2005-04-25 17:40

サクラ咲ク


待ちわびていた桜がようやく満開を迎えました♪
4月に入ってからも肌寒い日が続いたせいか今年は遅咲きかもしれません。
写真は、小夏&愛犬の散歩コースです。けっこう自然が多くていい所でしょ?
というか、福島の田舎だけに自然だけはめっちゃ多いんですけどねぇ(^^;

c0046869_12361555.jpg



私と愛犬の散歩コース
一斉に花開いた桜


c0046869_2231967.jpg



一瞬の晴れ間を狙って
我が家の暴れん坊将軍



昨日、散歩コース以外の桜見物に行ってきたのですが、あまり咲いてなくて無駄足になってしまいました(^^;
ネット開花情報はあんまり当てにならないものですねぇ。
あ、でもその分遅れて花見を楽しめるというメリットもありますか。
ちなみに、県内でも会津若松方面はGW序盤くらいまで桜を楽しめる気配w
[PR]
by marienkind | 2005-04-24 20:55 | 日々思ふこと

iPod shuffle

c0046869_10511787.jpgまったく興味なかったんですけどねぇ~。
最近、何人かの方が揃ってお薦めしているのを目にしてから激しく食指を動かされてしまいました。
私って感化されやすい性格だったのね(^^;

c0046869_10514740.jpg
小夏的には、4GBタイプの「iPod mini」も魅力的だけど、悲しいかな予算の壁が立ちはだかってます。
コストと容量、形状、大きさなどを総合的に比較検討した結果、やはり「iPod shuffle」かなぁ~と。
でも、Apple製品そのものが未知との遭遇なのでお詳しい方ご指南どうぞよろしく。(ぺこり)
[PR]
by marienkind | 2005-04-23 11:01 | 気になる話題

「パーフェクト・ストーム」の人物描写めぐる裁判、ワーナーが勝訴 (ロイター)

c0046869_19103367.jpg大西洋で巨大ハリケーンに見舞われた漁船乗組員の実話を映画化した「パーフェクト ストーム」(2000年)で、遭難した漁船の船長ビリー・タイン氏の描写が正確ではないと遺族が訴えていた裁判で、フロリダ州地裁は21日、映画上の脚色は違法ではないとの判断を示した。

記事によると、船長ビリーの「短気で部下の命を危険にさらす人物」という性格描写に遺族側が抗議したとのことですが、映画を鑑賞した限りでは、遺族側の主張するような不愉快なニュアンスはあまり感じられませんでした。
確かに、船長ビリーがやや向こう見ずな側面を持ち合わせた人物として描かれていたことは事実ですが、実話とは言え映画ですから多少の脚色は仕方ないような気がします。やはり裁判の争点はそこかしら?

でも、全体像を眺めると「パーフェクト・ストーム」はなかなかいい映画でした。
この映画最大の見どころ、「大迫力の嵐」は皆さま個別にご覧頂くとして、小夏的には、犬猿の仲だったサリーとマーフが徐々に互いを認め合っていく過程にひじょ~に感銘を受けました。私ってこういうベタな熱い友情展開に弱いのですわ~♪
って、これ映画レビューじゃなかったですね(^^;

c0046869_1954580.jpg
オマケ♪
めっちゃ性格尖ったサリーに惚れw

[PR]
by marienkind | 2005-04-22 19:27 | 映画情報

c0046869_1712069.jpgペネロペ&マコノヒー、映画ラブラブ会見

交際中のスペイン出身女優ペネロペ・クルス(30)と米俳優マシュー・マコノヒー(35)が20日、共演映画「サハラ 死の砂漠を脱出せよ」(ブレック・アイズナー監督、6月公開)の来日会見を都内で行った。全世界で1億2000万部を売り上げたクライブ・カッスラー氏の人気小説の映画化。サハラ砂漠で幻の財宝探しに挑む男女を描く。


えぇ~~?この二人って「ラブラブ」(ラブラブって・・・^^;)だったんですか??
さすがに、トム・クルーズとの破局報道は知ってましたけど、マシュー・マコノヒーと熱愛ってのは全く知らなかったですよ。つーか、ひょっとして無知?疎すぎ?自分(汗)。

個人的には、この二人の関係にはあまり興味ないので、もう少し肝心な映画内容に触れて頂きたかったというのが本音ですが、それはさておき。
聞くところによれば、「007&インディ・ジョーンズ&トゥーム・レイダー」を彷彿するノリらしいですね。残念ながら原作は未読なのですが、本原作を含むクライブ・カッスラー著「ダーク・ピット・シリーズ」は、国立海中海洋機関NUMA特殊任務責任者ダーク・ピットを主人公とする冒険アクションシリーズで全世界で大ヒット、既に15作品以上刊行されているとか。
本シリーズのお約束キーワードは、「財宝」「美女」「クラシックカー」。
こうなってくると、当然映画の方もシリーズ化に期待がかかりますが・・・さすがに無理かしらん?


【公式サイト】 「サハラ 死の砂漠を脱出せよ」オフィシャルサイト
[PR]
by marienkind | 2005-04-21 17:16 | 映画情報