七月のうさぎ(休止中) marienkind.exblog.jp

好きなリンク先を入れてください

心に残った映画や読書の記録。日々の備忘録のようなモノ。【ブログ管理人:小夏】


by 小夏
プロフィールを見る
画像一覧
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

<   2006年 01月 ( 10 )   > この月の画像一覧


白夜行


c0046869_1281978.jpg白夜行

著者: 東野圭吾
出版: 集英社文庫


【STORY】
1973年、大阪の廃ビルで男の刺殺体が発見される。
捜査の結果、男の身元は質屋「きりはら」の主人と判明するが、その後、浮上した容疑者が死亡、被害者と最後に会っていたと思われる未亡人もガス中毒死と不審な死を遂げ、事件は実質上迷宮入りになってしまう。
本書は、事件当時小学生だった被害者の息子「亮司」と未亡人の娘「雪穂」のその後20年に渡る物語である。


今、『白夜行』がバカ売れしててどこの書店でも品薄状態らしいですね。
『容疑者Xの献身』が直木賞受賞、『白夜行』がドラマ化と、何だか狙ったかのようなタイミングですけど多分気のせいでしょう(笑)。とにかくこの勢いはすごい。
Amazonのトップセラーなんて、ほぼ「東野圭吾」で占められていましたよ。
普段の私だったら、まずこのタイミングで読むことはないと思います。
でも、今回ばかりは別なのだ。仲良しブロガーの紅玉さんがめちゃめちゃ絶賛していたし、それ以上に彼女の記事に強く刺激を受けてしまったのです。
読む前は、正直なところ「そんなに面白いのかい?」という疑問が全くなかったわけじゃないんですよ。しかし、案の定一度読み始めたらページを捲る手が止まらない。
結局、完徹に近い状態で読み倒してしまいました。
総評:★★★★☆4.5点(限りなく満点に近い4.5点)

東野圭吾は、常に新しい小説スタイルに果敢にチャレンジし、ときにユーモアたっぷりの切り口で楽しませてくれるお気に入りの作家です。
しかし、今回ほど一風変わった作品も珍しいのではないかしら。
特筆すべきは、本書が主人公二人の内面描写を一切省き、その行動だけを追う展開に徹している点でしょう。物語を構成するエピソードもひどく断片的で、主人公を取り巻く第三者視点で淡々と綴られるのみ。亮司と雪穂の接点も、劇中明示的に語られることはありません。しかし、物語が進むにつれてバラバラだったパズルの断片が繋がり始め、やがてひとつの輪郭が浮かび上がってくるんですよ。(結果的に、パズルの絵そのものは未完成のまま終わるんですけどね←ネタバレ?)
くぅーーー! この見事なまでの構成力と言ったら!文句なし!さすがの巧さです。過去読んだ東野作品が、かなりの確率で「期待ハズレで賞」だったなんてことは、この際忘れることに致しましょう。ええ、忘れますとも。

ちなみに、タイトルの『白夜行』とは主人公の人生(心?)を表したものです。
――太陽の下を歩きたかった――と呟いた亮司。
――私には太陽などなかった――と語った雪穂。
この言葉で、わたしは亮司という男が一気に好きになったけど、同時に雪穂への気持ちも決定的になってしまいました。わかったような口をきくつもりは毛頭ありませんが、この世には、やっぱり許せないことってあると思うのよ、雪穂さん。
・・・・ごめんなさい。告白めいた心の叫びでした。
(2006年1月22日読了)
[PR]
by marienkind | 2006-01-28 22:16 | 書評

「いただきます」考


皆さん、こちらのニュースご覧になりました?

■記事:『いただきます』、「給食では不要」ラジオで大論争

昨年秋のTBSラジオ番組を巡って大論争を巻き起こした「いただきます」の必要性について。記事によると、なんと「給食費を払っているんだから“いただきます”は必要ない」と学校側にクレームを申し立てた母親がいたらしい。
いや~久々に絶句絶句!のニュースでした。ビックリです。
っていうか、「論争」まで発展した事実にもアングリ。どうやら「いただきます不要論」への賛成派もそれなりにいるらしいんですよ。あわわわ(^^;
ダメダメ。こういう問題は軽くスルーしちゃダメですって。

c0046869_13145310.jpg「いただきます」って、究極的には「命をいただくこと」、つまり、「私たちが生きるため失われゆく命への感謝の念」と思っていたのですが、どうなのでしょう。皆さんは、どうお考えになられます?
勿論、「料理をしてくれた方への労いの言葉」であることは言うまでもないこと。
だから、「給食費云々~」を根拠にした母親の主張ってのがそもそも的外れだと思うし、親として、大人として、それ以前に一人の人間として何か大事なことを見失っているような気がしてならないんですよね。

とりあえず難しい理屈は抜きにしても、「健康で食べ物を美味しくいただける」って、それだけで充分ありがたいこと。そういう考えって、普通は大人になっていく過程で自然と培われていくものだと思うんだけど、そういうモノでもないのかなぁ。
個人的には、「いただきます」を言おうが言うまいがどちらでも構わないと思っています。そんなことぶっちゃけどうでもいい。要は心のありようだから。
だけど、「給食費を払っているんだから“いただきます”は必要はない。」っていう論理を学校や子供に強要するってのは、ちょ~っと違うと思うぞ。

ご意見求ム。
[PR]
by marienkind | 2006-01-24 13:24 | 気になる話題

Damien


小粒でなんとも愛らしいオコチャマですが、彼がどう豹変するものやら♪

c0046869_2113644.jpg

2006年6月6日公開予定『The Omen 666』から新画像。
NEWダミアンの登場です。
本作品は、1976年版『オーメン』のリメイクだそうですが、オリジナル版はストーリー&キャストの素晴らしさも然ることながら、ジェリー・ゴールドスミスの楽曲あってこその傑作。映像とのシンクロ具合もバッチリで極限まで恐怖感を煽られたものです。
そういう意味でも、リメイク版がどれだけオリジナル版に近づけるか、果たしてそれを超えることが出来るのか、今後しっかり注目していきたいですね。
ま、とりあえずは期待することとしましょう♪

■情報元:allcinema ONLINE
[PR]
by marienkind | 2006-01-21 20:44 | 映画情報

車輪の下


c0046869_18484458.jpg車輪の下

著者:ヘルマン・ヘッセ
翻訳:高橋 健二
出版:新潮文庫


課題図書と言えば必ず登場する本。再読です。
昔読んだときは、主人公にさっぱり共感できないしストーリーは超退屈だし、挫折寸前で何とか読み終えたような状態でしたけど、今回は一気にいけました。
総評:★★★★4.0点

大人たちの期待を一身に背負いエリート神学校に入学したハンス少年が、ある事件をきっかけに味わう挫折と失望。一時期は人生の成功を約束されたも同然だった彼が、周囲に翻弄されながら転落の一途を辿る顛末には強く胸が締め付けられました。正直、かなりしんどかったというのが本音ですね。
一応、総評は★4点で高評価。これは、この物語が純文学の傑作と評される理由が今回に至ってようやく理解できたから。読了後ひどく心を揺さぶられましたからね。
だけど・・・基本的に好きじゃないんですよ。こういう虚しい展開は。
このラストが意味するところに、現代のエリート教育に対する警告があるというのはわかるけど、それでもこの結末はあまりに辛い。やるせなさの極みです。
ハンス少年にも、ひとかけらの救いはあったのだと思わなきゃ、とてもじゃないけどやりきれません。そうそう、『フランダースの犬』の後味とかなり似てるかな。
(2006年1月15日 読了)

c0046869_18492618.jpg【余談】
今回改めて再読して、全体的に漂う耽美な雰囲気が過去ブレイクした竹宮恵子の『風と木の詩』という少女漫画に酷似していてビックリでした。ご存知ですか?竹宮恵子女史。
『車輪の下』中盤、ハンス少年と級友ハイルナーが初めて触れ合う下りなんてサラリと流してるけど結構キワドイ。境界線上にある関係の危うさに一人勝手にドキドキしちゃったり。
ああ~なんて邪な視点。ホント大人ってや~ね。(笑)
[PR]
by marienkind | 2006-01-18 20:46 | 書評

いや、発想は面白いッスよ。面白いですけど、古都アユタヤに「ウルトラマン」ってのはさすがに勘弁して欲しいッス(汗)。

■記事:ウルトラマンの街、誕生へ

c0046869_12534837.jpgタイの古都アユタヤ郊外に、「ウルトラマンの街」が誕生する。6月までに着工し、2009年頃にオープンする計画。ウルトラマン一族の出身地「M78星雲」をイメージし、数々の死闘を演じた歴代ウルトラマンと怪獣、宇宙人数千体を陳列。身長50メートルのウルトラマンとバルタン星人の像も造る。

アユタヤ王朝は、1767年ビルマ(現ミャンマー)侵攻によって滅亡するまでの400年間、東南アジア最大の文化と繁栄を極めたと言われています。
現在でも数多くの遺跡が点在、歴史的にも文化的にもその価値は相当なものであるはず。なのに、なのに!
ウルトラマンですとっ!?バルタン星人ですとっ!?
ちょ、ちょっと待て・・・(頭痛)、本気で言ってるんですか?
何を隠そうワタクシ、過去アユタヤ遺跡にぞっこん惚れ込んでタイを訪れたことがあるんです。身体に合わないタイ料理に泣きが入りながらも、惚れた弱みで必死に耐えました。ええ、耐えましたとも。
個人的に、そんな強い思い入れのあるアユタヤ遺跡。徹底的に破壊された遺跡群は今や廃墟と化してますが、悠久の時の流れを刻むその景観といったらそりゃもう言葉を失うほど素晴らしいんですから!それなのに、ああ~何てこったい!
ウルトラマンがアユタヤ仏像を模して作り出されたという主張もあるみたいですけど、それはそれ。その真偽のほどはともかく軽くスルーできる話じゃありません。
反対!反対!断固反対!!

・・・・・と、深く嘆きながらも件の画像をシッカリ見つけてしまったワタシ。
ああ何たる不覚!目にした瞬間思わず笑いが込み上げてしまうとは!
もう、こんな自分がつくづく情けないッス・・・(涙)。
c0046869_1248376.jpg

[PR]
by marienkind | 2006-01-15 14:21 | 気になる話題

今日は何の日?


ふっふっふ、「13日の金曜日」だったんですよぉ~!
皆さん、不吉な出来事は起こりませんでした?(笑)
「13日の金曜日」は、キリスト教徒にとっては「忌むべき日」とされているみたいですけど、無宗教の私にとっては全くこだわりなし。むしろ、今日がその日と気づくと不謹慎ながら心浮き立つのは私だけですかね。(私だけですね、ハイ)
ということで、本日の一枚♪
c0046869_2122085.jpg
                「豹変するボーヒーズ夫人」の図

ボーヒーズ夫人とは、ご存知『13日の金曜日』シリーズ第一作目に登場したジェイソンのママンですが、どう?ちょっと懐かしくありません?(笑)
だって、彼女って当時かなりインパクトあったでしょ。
本当にこのママンが全部一人で殺ったの?と思わせるほどの見事な殺しっぷりと、終盤に見せたドン臭さとのギャップ。あれは、ある意味凄かったですもん。
でも、当時こういった映画に免疫のなかった“素直な”私は、最後までジェイソンが犯人であると信じて疑わなかったんですよねぇ。だから、ママンがいきなりナイフを取り出して豹変した時も瞬時にはピンと来ませんでした。全くアホだ・・・(^^;
でも、懐かしいなー。何だかんだ言ってヒットするシリーズはやっぱり一作目が面白いですよ。それに比べて最近のシリーズは・・・・。(観てないけど。爆)
[PR]
by marienkind | 2006-01-13 22:04 | 映画情報

ベストセラー小説『ダ・ヴィンチ・コード』の舞台となったパリのルーブル美術館の昨年入場者数が730万人に達した模様。これは過去最高記録だそうです。


c0046869_13254362.jpg【記事】
パリのルーブル美術館は9日、2005年の入場者数が前年に比べて60万人増加し、過去最高の730万人に達したとする推定値を発表した。美術館側は、金曜日の夜に26歳未満の入場を無料にしたことや中国人観光客の増加、展示企画の充実が主因だと分析している。ルーブル美術館で発生した殺人事件から物語が展開するベストセラー小説「ダ・ヴィンチ・コード」の影響も大きそうだが、広報担当者は「二次的なものだ」と指摘。自らの努力が実を結んだと強調したいようだ。入場者の確定値は2月発表予定。



いや、これはどう考えても『ダ・ヴィンチ・コード』効果でしょう(^^;
私だって可能ならば、小説の舞台になった「あの場所」を是非訪れてみたいと思いますもん。ストーリーの鍵となったI.M.ペイ設計のピラミッドにもめちゃめちゃ興味があるし、もちろん「モナ・リザ」も一目見てみたい。少なくとも、小夏レベルのミーハー思考で「いざ!ルーブルへ!」のお客様って相当数いると思いますよ。
今回、映画化にあたって館内ロケを許可したこともいい宣伝になったことでしょうし、映画公開の今年に至ってはより多くの集客数が見込めるのではないかしら。
とりあえず、しばらくは『ダ・ヴィンチ・コード』様様かな?


【本日のオマケ画像】
c0046869_13162764.jpg
えーと、これは『ダ・ヴィンチ・コード』序盤の謎解きシーンですね。
ルーブル美術館ロケが実現されただけあって、さすがの迫力です。
キャスティングの不満は多々あれど、こうやって具体的シーンが登場してくるのは原作ファンとして嬉しいものがありますのぅ♪
[PR]
by marienkind | 2006-01-10 18:27 | 映画情報

ふむ、やっぱり真田広之さんでしたか。

c0046869_12363465.jpg

画像は、ダニー・ボイル監督最新作「Sunshine」のワンショットから。
ストーリーは、50年後の近未来、太陽の崩壊で人類滅亡の危機が迫る中、太陽を復活させるための装置を積み宇宙船に乗り込んだ男女8人のクルーに襲い掛かる予期せぬ恐怖の事態を描くSFスリラー。(allcinema ONLINEより)

閉ざされた宇宙空間の恐怖という設定はかなりベタでありがち。ここは監督の手腕が問われそうです。あとはアレックス・ガーランドの脚本次第でしょうか。
とりあえず、監督がダニー・ボイルですから、マイケル・ベイばりのド派手アクションムービーではなく、じわじわ襲い来る心理的恐怖メインになると思われますが、ボイル監督って作品ごとの出来に結構ムラがあって評価も極端にバラつきが見られますからねぇ~、正直なところ不安も少々。
でも、キャスティングはお気に入りで占めているので個人的には期待かな♪
『セルラー』『ファンタスティック・フォー』のクリス・エヴァンス、『バットマンビギンズ』『28日後・・・』のキリアン・マーフィ、『トロイ』『スター・ウォーズ エピソード2/クローンの攻撃』のローズ・バーンなど期待の若手が勢ぞろい。
その中で、唯一ご年配(に見える)の真田さんはどのような活躍を見せてくれるのか。これも楽しみでもあり、ちょいと不安でもあり・・・。
2006年公開予定。

■「Sunshine」オフィシャル・ブログ
[PR]
by marienkind | 2006-01-07 21:12 | 映画情報

輪廻 (試写会)


2006年、日本
監督: 清水崇
出演: 優香、椎名桔平、香里奈、杉本哲太、小栗旬、松本まりか

c0046869_18513538.jpg昭和45年、群馬県のホテルで11人が惨殺される事件が起こる。動機も不明のまま、犯人の法医学教授・大森範久も謎の死を遂げる。35年後の現代。この事件を題材にした映画の製作に執念を燃やす映画監督の松村。「記憶」と名付けられたこの映画のヒロインには新人女優の杉浦渚が大抜擢された。しかし渚は撮影が近づくにつれ不思議な少女の幻覚に悩まされていく。(allcinemaONLINEより)


記念すべき2006年初レビューが『輪廻』ってどうよ~と思わなくもないけど、年末に試写会で観て参りましたのでご紹介させて頂きます。
あぁ~でもねぇ、私って和製ホラーが大・大・大の苦手なんですよー(涙)。
ホラー自体が嫌いというわけじゃなく(っていうか、むしろ好き)、アジア系ホラー独特のオドロオドロ感が肌に合わないってだけなんですけどね。
『リング』や『呪怨』、韓国映画の『箪笥』なんて、とてもじゃないけど映像を直視出来ませんし、間違って目に焼き付いたりした日の夜なんて、お布団の中で目が冴えて悶々としちゃう私なのです。
そんな私が“タダだから”それだけの理由で観てきたってわけ。
正直、果てしなくどよよ~ん気分だったことを、まず告白しておきます(^^;
(っていうか、何でそこまでして観るかなぁ・・・)
総評:★★★3.0点

さて、本作を手がけた清水崇監督は、『THE JUON/呪怨』で名実ともにその名を世界に知らしめることとなった「J(ジャパニーズ)ホラー」の先駆者です。兎にも角にも恐怖の演出では定評のある監督の一人と言っていいでしょう。
当然ワタクシ、先入観&脳内妄想バリバリで鑑賞に臨んだわけですが、あれれ?意外なことにあんまり怖くない。っていうか、かなり地味~な感じ?(^^;
最近のホラー映画と比較しても、恐怖のインパクトに欠ける印象でしたし、演出的にも古典的で使い古された感が強かったかな。(背後に佇む少女、蠢く人形、鏡に一瞬映し出される顔、etc・・・)
ただ、これは「ホラー演出としては」という点に限ってのことで、ストーリー全体として眺めれば、個人的になかなかの良作と評価したいです。

とにかく、冒頭から謎だらけ。それに、やたら登場人物が多いもんだから、ますます謎に拍車がかかっちゃう。・・・が、しかし、それらのハテナ?全てがある瞬間、一気にどどーんと収束されちゃうのだ。パズルピースが収まるそのタイミングたるや、お見事!の一言。すんばらしいです!
かなり不条理な結末にちょっぴり凹んだものの、久々に「どんでん返し」のゾクゾク感を堪能することが出来ました。
さすが清水監督、ミスリードの促し方が半端じゃないです。巧いなー。
ちなみに、清水監督のコメントによれば「本作はホラーよりミステリー性を重視した」とのこと。全くもってその通りだと思いました。
映画館に足を運ぶメリットはあまり感じないけど、DVDが出たら一度観ても損はないんじゃないかなぁ~。とりあえず、プチお薦めです♪
(2005.12.21 試写会鑑賞)
[PR]
by marienkind | 2006-01-04 19:28 | 映画評

2006年戌年スタート!


c0046869_872959.jpg
いぇ~い!あけましておめでとうございます!
いよいよ2006年の幕開けですよー!皆さま、いかがお過ごしですか?
昨年は、念願のブログデビューを果たした記念すべき年。ブログを通して多くの出会いに恵まれたことが私にとって一番の宝物になりました。出会って下さった方々、ひとりひとりにお礼を言いたいです。本当にありがとう♪
皆さまにとって(もちろん私にとっても!)実り多き一年でありますよう・・・。
[PR]
by marienkind | 2006-01-01 09:08 | 日々雑感