七月のうさぎ(休止中) marienkind.exblog.jp

好きなリンク先を入れてください

心に残った映画や読書の記録。日々の備忘録のようなモノ。【ブログ管理人:小夏】


by 小夏
プロフィールを見る
画像一覧
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

<   2007年 01月 ( 6 )   > この月の画像一覧


27th RAZZIE Award


アカデミー賞ノミネートに関しては、既に記事に書いておられる方が多いみたいなので、当ブログでは、ラジー賞ノミネーションの方をチェックしてみたいと思います♪
ちなみに、「ラジー賞」とは、毎年アカデミー賞に先立って発表される「ワースト映画賞」のこと。
要するに、昨年一年間で一番のサイテー映画を選んで皆で褒め倒しちゃおう!(?)という大胆な試みというわけなのだ(そ、そうなのか?^^;)。とは言え、私も「ラジー賞」について正式な由来をきちんと知っていたわけでもないので、念のため「ウィキペディア」で調べてみたところ、いろいろ面白ネタをゲットできました。

c0046869_15301391.jpg【フリー百科事典ウィキペディア】
UCLAから映像製作・映画宣伝の道に進んだジョン・ウィルソンにより1981年に創設。「ヤジ」を意味する「Razz」から命名された「RAZZIE Award」が正式な賞名であるが、「Razz」のもうひとつの意味である「Raspberry」(ラズベリー:木イチゴ)の実を模したトロフィーのデザインにより「Golden Raspberry Award」とも呼ばれる。ラズベリーには「ブーイングの音」という意味がある。英語の「ラズベリータルト(raspberry tart)」が「fart(おなら)」 と韻を踏んでいるため、おならをまねた音を指すようになった。

うーーむ、「ヤジ」はともかく「おなら」とは・・・。いやはや、何気に散々な言われようのラジー賞ですが、それでも全く注目されないまま姿を消す作品に比べりゃまだマシか?といったところかもしれません。(^~^;
そんなラジー賞も今年で27回目と相成ったわけで、今回の名誉ある受賞は果たして誰の手にっ!?ということになれば、やはり気になるのは各賞候補の面々でしょう。
皆さまのお目当て作品&俳優がノミネートされておりますかどうか、まずは、じっくりご覧あれ~♪


【ワースト作品賞】
 「氷の微笑2」
 「ブラッドレイン」
 「レディ・イン・ザ・ウォーター」
 「LITTLE MAN」
 「WICKER MAN」

【ワースト男優賞】
 ティム・アレン 「ウォルト・ディズニーのサンタクローズ3/クリスマス大決戦!」
 ニコラス・ケイジ 「WICKER MAN」
 ラリー・ザ・ケイブル・ガイ 「LARRY THE CABLE GUY: HEALTH INSPECTOR」
 ロブ・シュナイダー 「がんばれ!ベンチウォーマーズ」&「LITTLE MAN」
 マーロン・ウェイアンズ&ショーン・ウェイアンズ 「LITTLE MAN」

【ワースト女優賞】
 ヒラリー・ダフ&ヘイリー・ダフ 「MATERIAL GIRLS」
 リンジー・ローハン 「ラッキー・ガール」
 クリスタナ・ローケン 「ブラッドレイン」
 ジェシカ・シンプソン 「EMPLOYEE OF THE MONTH」
 シャロン・ストーン 「氷の微笑2」

【ワースト助演男優賞】
 ダニー・デヴィート 「DECK THE HALLS」
 ベン・キングズレー 「ブラッドレイン」
 M・ナイト・シャマラン 「レディ・イン・ザ・ウォーター」
 マーティン・ショート 「ウォルト・ディズニーのサンタクローズ3/クリスマス大決戦!」
 デヴィッド・シューリス 「氷の微笑2」

【ワースト助演女優賞】
 ケイト・ボスワース 「スーパーマン リターンズ」
 クリスティン・チェノウェス 「DECK THE HALLS」&「ピンクパンサー」&「RV」
 カーメン・エレクトラ 「DATE MOVIE」&「SCARY MOVIE 4」
 ジェニー・マッカーシー 「JOHN TUCKER MUST DIE」
 ミシェル・ロドリゲス 「ブラッドレイン」

【ワースト続編賞】
 「氷の微笑2」
 「ビッグママ・ハウス2」
 「ガーフィールド2」
 「ウォルト・ディズニーのサンタクローズ3/クリスマス大決戦!」
 「テキサス・チェーンソー ビギニング」

【ワースト監督賞】
 ウーヴェ・ボル 「ブラッドレイン」
 マイケル・ケイトン=ジョーンズ 「氷の微笑2」
 ロン・ハワード 「ダ・ヴィンチ・コード」
 M・ナイト・シャマラン 「レディ・イン・ザ・ウォーター」
 キーネン・アイヴォリー・ウェイアンズ 「LITTLE MAN」

【ワースト脚本賞】 
 「氷の微笑2」
 「ブラッドレイン」
 「レディ・イン・ザ・ウォーター」
 「LITTLE MAN」
 「WICKER MAN」


c0046869_1014465.jpgいかがでした?
個人的には、「ワースト助演男優賞」にノミネートされたM・ナイト・シャマランに思わず爆笑してしまったワタシです。(これ、ちょっと笑えません?笑)。
この人、一応本業が監督業だから「ワースト監督業」に名が挙がっていても不思議じゃないのだけど、いきなり「ワースト助演男優賞」にノミネートとは・・・。(おぃおぃ)
いやー恐るべし。さすが出たがり屋のシャマラン監督、侮れませんのう。

しっかし、ここで注目すべきはやっぱりこの作品でしょう。
その名も『氷の微笑2』。とにかくノミネート数がハンパじゃありません。まさに各賞総なめ状態。
「シャロン姐さん、ついにやってしまいました!(滝汗)」と言わんばかりの勢いです。
これはもう、ラジー賞の行方はほぼ決まったようなものですね。ご愁傷様です。
それにしても、いったい何がそれほどイケてなかったものか。ハテ?
こうなってくると、逆にそこんところを激しく追求したくなってしまうワタクシなのでありますが・・・。
c0046869_10595036.jpg

ラジー賞授賞式は、2月24日(米時間)。
皆さまからの忌憚のないご意見、お待ち申しておりまする♪
[PR]
by marienkind | 2007-01-27 14:04 | 映画情報

嗚呼、納豆狂想曲。


この週末、所用で留守にしていて、ニュース&新聞いずれも目に通す機会がなかったのだけど、ちょっと目を離した隙に、あの空前の全国的納豆大ブームの顛末がこんなオチになっていたとは、ありゃりゃりゃりゃ。
そう、例の「納豆ダイエット効果」、あれが真っ赤な嘘ぴょ~ん!だったというわけだ。
まあ、ワタクシは初っ端から胡散臭いネタだな~と思っておりましたけどね。

■記事:関西テレビがおわび放送・納豆ダイエットデータ捏造

なんつったって、日々ほかほかの御飯に納豆&味噌汁さえあれば、あとはな~んも要らないくらい納豆愛好家の小夏さんから言わせていただければ、「納豆がダイエットに効果大」なんてTVで大々的に発表されてもすぐに信じる気には到底なれませんな。だって、生まれてこのかたウン十年、
痩せる気配なんてこれーーっぽっちもありませんでしたから!!(強気!)

c0046869_15165440.jpgおっと、納豆が身体にいいことは間違いないですから、念のため。大豆イソフラボン効果で美容と健康、骨粗しょう症の予防などに絶大な効果を発揮するといいますし、ダイエット効果に関しても、実際に大学などで研究対象になっているみたいですから、これら全部が全部嘘っぱちと決めつけることはできないと思います。
そういう意味では、「納豆ダイエット」に目をつけた「発掘!あるある大事典II」の着眼点は悪くなかったと思うけど、如何せんその手段があまりにもお粗末過ぎ。なんせ「捏造」ですから。
結果として、嘘の情報を信じて「買い」に走った視聴者が相当数いたことは事実なわけで、一時的にせよ納豆市場にかなりのマネーが投入されたわけでしょ?そう考えると、あの騙し討ちは乙女の純情を踏みにじった結婚詐欺と同じだと思いますよ。そりゃアナタ、許せんっしょ!(あれ?怒りの矛先が違いますか?)

兎にも角にも、今回の責任の所在だけは曖昧にすることなくキッチリ追求して貰いたいものですな。
でもって、マスメディアの皆さまには、非難は非難として真摯な態度で受け止め、真実を伝える責任を、そしてひとかけらの良心を取り戻して頂きたい、、、そう願います。

と、マスメディアへの毒吐きはこの辺にさせて頂き、イチ視聴者(消費者)の立場から一言物申せば、

みんな、安易に踊らされすぎですって。(^~^;

例えば、みの○んたの番組あたりで「寒天がいい」「ココアがいい」と放送されれば、「すわ!ココアじゃ!寒天じゃ!」と、瞬く間にスーパー売り場がもぬけの殻になっちまう状況って実際どうなのよ。
今回の納豆の件にしてもそう。近所のチェーン店に足を運んでも、ここ数日間の納豆コーナーのなんと品薄だったことよ(;_;)。いや、マジメな話、これってかなり異様な状況だと思うぞー。
まあ、これだけ情報が氾濫した社会ですから、結局はマスメディアからの情報に頼るしかないわけですが、だからこそ視聴者サイドも情報全てをそのまま鵜呑みにするのではなく、個人ひとりひとりが自分なりに納得した上でチョイスする視点を持つことが必要なのではないかとワタクシ切に思うわけであります。
要は、視聴者自身が情報を厳選する目を鍛えようぜ!ってところかな。

でも、とりあえずこれで納豆売り場も通常運営に戻ってくれるわけだな。ほっ。(←心のつぶやき)

■参考:関西テレビお詫びコメント  
[PR]
by marienkind | 2007-01-22 20:02 | 気になる話題

チョロ松、逝く。


「チョロ松?何者やねん?」という方でも、↓の画像を見れば「おー!コヤツか!」と頷く方が多いはず。
チョロ松君は、1987年のソニー・ウォークマンCMで音楽に聴き惚れる姿がウケにウケて大ブレイク。
彼の人間以上にジジくさい風貌は、当時の人々の心に強烈な印象を残したものです。
その真相は、撮影疲れで睡魔に襲われた瞬間をキャッチしたものだそうですけどね。

c0046869_23513998.jpg

そのチョロ松君が今月14日、老衰のため死去したそうです。行年29歳。
お猿さんの29歳は、人間の100歳程度だそうですから大往生ですね。
チョロ松君のご冥福を心よりお祈りいたします。合掌。

[PR]
by marienkind | 2007-01-17 00:23

失われた宇宙の旅2001


c0046869_10253418.jpg著者:アーサー・C・クラーク
訳者:伊藤 典夫
出版:ハヤカワ文庫SF



『失われた~』という表題からもわかるように、本書は映画『2001年宇宙の旅』製作過程にて失われたアーサー・C・クラークの構想案をターゲットにしています。要するに、最終的に映画シナリオとしてお払い箱になったネタってヤツですな。
ただ、クラーク氏自らが書き足した注釈などを丁寧に読み込むと、本書に掲載されたストーリーが本来のオリジナル案だったのだろうということが窺われます。ぶっちゃけ、コチラの方が数段面白かったような気がするのも皮肉なことではありますが。

その他内容としては、製作過程における舞台裏エピソードやクラークの製作日記などを収録。
中でも、キューブリック監督とのやりとりを記したクラーク日記は非常に興味深く読むことができます。
  「スタンリー(キューブリック)から“もうひとつの結末”の提案。
  そういえば、昨夜彼の家に、“彼の準備稿”を置き忘れてきたことに気がつく。
  ――無意識の拒絶か?」

の下りでは思わず苦笑い。いまや偉大な偉大なクラーク氏も、奇人変人(?)キューブリック監督を前にかなりご苦労なさったのではないかしら?と思わせるトホホなエピソードのひとつです。

さらに、ボーマンがラストで赤ん坊になる理由HAL-9000やモノリス誕生秘話などの情報がさりげなく提示されている(かもしれない?)のも嬉しいですし、今では手に入れることが難しいと言われているクラークの短編『前哨』(1950年)が収録されている点もオイシイ要素です。
『前哨』は、映画『2001年宇宙の旅』の叩き台となった作品だそうですが、わずか15ページ足らずの本短編の中に、映画のコンセプト全てが詰まっていると言っても過言じゃないです。これはちょっとした驚きでした。
いずれにせよ「2001年マニア」にとっては必読の書ってことになるのかな。
とりあえず映画版or小説版の熱狂的ファンの方であればかなり楽しめるのではないかと。
フツーの映画ファンであってもそこそこ。全く馴染みのない方にとっては・・・・うー。(^~^;
[PR]
by marienkind | 2007-01-13 11:00 | 書評

暴風警報来た!


c0046869_22564710.jpg

うぎゃー!!マジ風強いんですけど@福島。
家の前の電柱が今にも倒れてきそうだし、冗談抜きでヤバイ状況な気がするワタシ。ううううっ、怖いよー。(涙)
我が家も揺れに揺れてるし本当に大丈夫なんだろか・・・。
今、本気でビビっとります。あぐあぐあぐ。(;_;)
[PR]
by marienkind | 2007-01-07 23:07 | 日々思ふこと

初詣。


新年、あけましておめでとうございます。
昨年中は大変お世話になりありがとうございました。
本年もどうぞよろしくお願い申し上げます。

c0046869_10414029.jpg皆さま、新年を迎えいかがお過ごしですか?
珍しくいいお天気の元旦、私は初詣に行ってまいりました。
とは言え、元旦にもかかわらず閑散として唯一巫女さんが焚き火をしているくらいのちっちゃな神社ではありますが。(^^;
一応、おみくじも引きました。やっぱりここは初詣のお約束ですからね。結果は「小吉」。う~~、ちと微妙なり?かなぁ。
っていうか、そもそも、こういったことにはとんと疎いもので、「小吉」とか「末吉」のラッキー度ってさっぱりわからんのですが、「小吉」って「吉」よりはいい運気なんでしたっけ?
でもって、肝心の内容はというと、ズバリ“脇目もふらず働き続けよう!”ってな感じ。脇目もふらずって(おぃおぃ)・・・・要するに、がむしゃらに働け!ってことか?(汗)
・・・・・・えーっと、何とか精進したいと思います、ハイ。(^~^;

ってことで、今年もぼちぼちマイペースでブログ運営してまいりたいと思っておりますので、変わらぬご愛顧のほどよろしくお願い致したく・・・なんちゃって。要は、今年も仲良くしてちょーだいな♪ってことなのだ。
[PR]
by marienkind | 2007-01-02 11:06 | 日々思ふこと