七月のうさぎ(休止中) marienkind.exblog.jp

好きなリンク先を入れてください

心に残った映画や読書の記録。日々の備忘録のようなモノ。【ブログ管理人:小夏】


by 小夏
プロフィールを見る
画像一覧
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

<   2013年 06月 ( 1 )   > この月の画像一覧



“どれだけ愛を失えば、頂点に立てるのか”



ミスリード効果狙いにしても、これはどうなんだろう。

というのも、上の予告編動画を観たそのほとんどの観客が「流派を極めたグランド・マスター(宗師)を決するバトルムービー」といったイメージを抱くだろうと思うから。そんな揺ぎないテーマがまず主軸にあって、そのうえで主人公とヒロインの悲恋がしっとり描かれる、みたいな。
少なくとも、自分はそんな勝手な期待をもって映画に臨んだので、いざ蓋を開けてみて困惑することしきり。
「ドラゴンボール」だと思っていたら、なんと「フランダースの犬」だったのかよ!という。(例がかなり極端でアレですが、そのギャップから察して頂きたい。)

でも、よくよく考えてみれば、ウォン・カーウァイなのである。
「ブエノスアイレス」であり「花様年華」、そして「2046」の監督なのである。
そのことをきちんと心に留め置くべきだったな、と思う。

とはいえ、年齢を重ねて渋みが増したトニー・レオンは本作で正式にmy好物俳優にランク・インしたし、チャン・ツィイーは相変らずの可愛らしさ健在だし、ユエン・ウーピン(「マトリックス」「キル・ビル」)が武術指導したというカンフーアクションは華麗で見応えたっぷり。
冒頭でクレームつけた割には、そこそこ楽しめていたりする矛盾である。(笑)
それでも、純然たるカンフー映画を期待している方には、ここはやっぱり「ちょっと待った!」コールしたいかな。
[PR]
by marienkind | 2013-06-03 17:08 | 映画評