七月のうさぎ(休止中) marienkind.exblog.jp

好きなリンク先を入れてください

心に残った映画や読書の記録。日々の備忘録のようなモノ。【ブログ管理人:小夏】


by 小夏
プロフィールを見る
画像一覧
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

SL福島プレDC号、走る。


「SL福島プレDC号」=「ふくしまデスティネーションキャンペーン(DC)プレキャンペーン」を略したものとのこと。ごめん、さっぱり意味がわからない。
どうやら、JRグループ6社&指定自治体&地元観光事業者が一致団結して云々・・・という大型観光プロジェクトのことらしいのですが、せめてその趣旨くらい理解できる名前にしてちょーだい。

まあ、そんな屁理屈はさて置き、線路沿いにある我が家。
いつもは電車の揺れと騒音に悩まされる日々ですが、今回ばかりはお得感いっぱいです。
日曜日の朝、デジカメ片手に家の近所でスタンバイ!
その甲斐あって、そこそこ良さげなショットを確保できました。

c0046869_1204528.jpg

おーーっ!汽笛の音!黒煙の匂い!懐かしすぎる~~!!
乗った記憶なんてほとんどないけどね。不思議だ。
それに、SLを見ると何故か手を振りたくなるのよね。これも不思議。
鉄男クンも鉄子サンもご近所の皆さんも揃ってブンブン手を振っていた。

c0046869_121217.jpg

さようなら~
またいつか黒光りの雄姿を見せて下さいなー。
[PR]
# by marienkind | 2014-07-02 12:26 | 日々思ふこと

鑑賞した映画 -2014年6月-


6月の鑑賞メーター
観たビデオの数:5本
観た鑑賞時間:582分


昏睡病棟 -COMA- [DVD]昏睡病棟 -COMA- [DVD]
製作総指揮リドリー&トニー・スコット兄弟という超豪華仕様!…のはずが、何これ?全然面白くないんですが。1978年版(マイケル・ダグラス主演)の素晴らしさが際立っただけという。
鑑賞日:06月01日 監督:ミカエル・サロモン
ポゼッション [DVD]ポゼッション [DVD]
「モノには魂が宿る」っていうからね(魂っつーか、この場合デーモンだけど)。とりあえず「ガレージセールには気をつけませう」、これ本日の教訓ね。
鑑賞日:06月08日 監督:オーレ・ボールネダル
マッチスティック・メン 特別版 [DVD]マッチスティック・メン 特別版 [DVD]
再見。大好きな映画です。みんなで気持ちよく騙されましょう!それにしても、この頃のニコちゃんは輝いていたなぁ。今は……
鑑賞日:06月23日 監督:リドリー・スコット
アナザー Another  DVD スタンダード・エディションアナザー Another DVD スタンダード・エディション
唯一、良かったのは橋本愛ちゃんのみ。彼女の「見崎鳴」は原作のイメージまんま、ドンピシャだったと思う。内容に関してはコメント割愛。原作改悪するにも程がある。
鑑賞日:06月26日 監督:古澤健
リトリート・アイランド [DVD]リトリート・アイランド [DVD]
出演者3人が何気に「ウマー」な作品。私はキリアン君目当てで観たが、まさかのジェイミー・ベル君もついてきたという。内容はイマイチだが、密室劇は好みなので良しとする。
鑑賞日:06月27日 監督:カール・ティベッツ

◆ 鑑賞メーター

[PR]
# by marienkind | 2014-07-02 09:44 | 映画評

鑑賞した映画 -2014年5月-


5月の鑑賞メーター
観たビデオの数:6本
観た鑑賞時間:703分


暴力脱獄 [DVD]暴力脱獄 [DVD]
あれほどまでにルークを脱獄に掻き立てるモチベーションとは?自由への渇望?反骨精神?単に自暴自棄になっているようにしか見えなかった自分には、主人公への共感が難しい映画だった。
鑑賞日:05月03日 監督:スチュアート・ローゼンバーグ
ウーマン・イン・ブラック 亡霊の館 [DVD]ウーマン・イン・ブラック 亡霊の館 [DVD]
脱ハリポタ@ラドクリフ君主演の館ホラーもの。王道ゴシックな雰囲気は評価するものの全体的には物足りなさが残る。あの結末を是とするか否とするかで評価が分かれそう。
鑑賞日:05月10日 監督:ジェームズ・ワトキンス
ザ・レッジ-12時の死刑台- [DVD]ザ・レッジ-12時の死刑台- [DVD]
登場するだけで胡散臭さ漂うパトリック・ウィルソンが本作でも不気味なストーカー旦那に。サスペンスフルな邦題だが、これは命がけで「愛」を貫こうとする男の物語……だよね?
鑑賞日:05月16日 監督:マシュー・チャップマン
エイリアン2 完全版 [DVD]エイリアン2 完全版 [DVD]
リドリー・スコット監督の「静」から、ジェームズ・キャメロン監督の「動」へと華麗に飛躍!クライマックスの母性対決シーンは見応えたっぷりである一方、物悲しさも・・・。傑作。
鑑賞日:05月21日 監督:ジェームズ・キャメロン
バイオハザード [DVD]バイオハザード [DVD]
再見。「バイオ」は、やっぱり一作目が抜群に面白い!シリーズ重ねるごとに、やたらスケールが大きくなっちゃって、肝心のストーリーが何だかな……
鑑賞日:05月23日 監督:ポール・アンダーソン
バーティカル・リミット [DVD]バーティカル・リミット [DVD]
クライマックスシーンがしつこすぎ。これでもか!これでもか!のピンチ続きにちょっとゲンナリした。あと、ちょっとくらいは反省しようよー、ジコチュー主人公。
鑑賞日:05月26日 監督:マーティン・キャンベル

◆ 鑑賞メーター
[PR]
# by marienkind | 2014-06-03 20:02 | 映画評

シロくま。


「シロくま」と言っても、
これとか、
c0046869_942551.jpg

これではありません。
c0046869_9422531.jpg


最近、「シロくま」で検索すると、まずこの御方がヒットするようです。
京都造形芸術大学講師「シロくま先生」。
Twitterで8000RTを記録した話題の人です。

c0046869_9423767.jpg


素顔もプロフィールも一切がシークレットとのことで、それが逆にカリスマ的な人気を呼んでいるのですかねぇ。周囲からは、「ステキ!」と評価されているみたいですが、うーーーむーーー
とりあえず、個人的コメントは控えておきますが、これからの季節、かなり蒸れそうなスタイルではありますね。汗疹(あせも)には十分お気をつけ……
[PR]
# by marienkind | 2014-05-30 19:55 | 気になる話題

中山七里さん、今まで全く馴染みのない作家さんでしたが、『さよならドビュッシー』の著者と聞いて、「ああ、そうだったか!」と思い至りました。『~ドビュッシー』、読んでないけどね。

c0046869_22593836.jpg

凄腕だが高額報酬を要求する悪徳弁護士、御子柴礼司。
読む前は、弁護士が主人公とのことで丁々発止のやり取りが繰り広げられる法廷ミステリーをイメージしていたのですが、予想の斜め上を行っていて度肝を抜かれてしまった。
特に衝撃的だったのが、御子柴が少年時代に関わった事件についての下り。一連の描写が、現実に起こった「某事件」をまんま模しているようで、「これ大丈夫なの?」と内心ヒヤヒヤものでした。
あくまで「フィクション」と捉えればいいのだろうけど、でもねぇ。

あと、最後までモヤモヤしたのが「死体遺棄」について思いっきりスル―されていたこと。
続編もあるみたいで、あるいは後日談として語られるのかもしれないけど、謎や疑問は次回持ち越しせずに本編で決着つけてほしいかな。
「傑作」との評価も頷ける面白さだっただけに、そこだけ残念。

本・読書

[PR]
# by marienkind | 2014-05-28 20:00 | 書評

「それぞれの事件に共通するのは
 一人を除き全員が殺されていること、
 そして必ず子供が連れ去られている」


c0046869_1362828.jpg


一発逆転ベストセラー狙いで、一家惨殺事件現場となった一軒家に引っ越してきたノンフィクション作家一家に襲いかかる恐怖。
監督は、『エミリー・ローズ』のスコット・デリクソン。

いやいや、怖い。これは怖い。えー・・・途中までは。
恐怖の正体が判明してくる中盤以降、ちょっと微妙な方向に流れちゃって、あれれ~?
ラストは色々具体化しすぎ。得体が知れないモノが一番怖いよね。

とりあえず、本日の教訓。
「いわく付き物件は、避けるが吉」
[PR]
# by marienkind | 2014-05-21 16:59 | 映画評